ぐっすり眠れる快眠方法を紹介

現代社会が非常に複雑でストレスの多い社会だからでしょうか?不眠に悩む人が多く、大人の5人に1人が不眠だと言われています。では、どんな人が不眠になりやすいのでしょうか?

  • 就寝する時刻や起床する時刻がばらばら
  • 就寝直前までテレビやパソコンをしている
  • ストレスが多い
  • 会社の人間関係で悩んでいる

こういった人は、不眠になりやすい睡眠習慣であるといえます。
よく眠れないと、翌日ツライばかりでなく、仕事に集中できなかったり、なんとなくボーっとしたりします。女性であれば美容にも大敵です。睡眠中に脳から分泌される成長ホルモンが肌の代謝には不可欠です。しっかり熟睡できないと、代謝が正常に行われず肌の老化の原因にもなってしまいます。
睡眠のリズムが乱れると女性ホルモンの分泌も悪くなります。女性にとっては「睡眠」はとっても大事な生活の一部だということです。

ではどうやったら眠れるのでしょうか?快眠の鍵を握るのは、「自律神経」と「体温」であることに気づきました。寝る前のパソコンや携帯は、自律神経の切り替えを妨げ、寝起きの時刻が不規則な場合には、体温のリズムに問題が起きやすくなります。

まずは、あなたの眠りは大丈夫?大事な16項目から眠れない原因となっているものや、睡眠をしっかりとらないと身体にあらわれる不調、睡眠障害などについて見てみましょう!眠るまでの過ごし方(一覧)では、就寝前のことだけでなく昼間の過ごし方からバスタイムの過ごし方なども紹介しています。快眠の妨げになっている生活習慣はないかどうかをしっかりみておきます。

仕事柄、目の疲れを自覚しているような人は、アイマスク・アイピロー(快眠・安眠グッズ)一覧から質の高い睡眠をサポートしてくれる、アイマスクやアイピローをさがしてみるのもよいかもしれません。目の疲れは、安眠のための副交感神経への切り替えの妨げになることが多いのです。

ベッドに入ったらあっという間に眠りに落ちて…というのは、不眠の人にとっては非常に羨ましい限りですが、布団に入ってすぐに交感神経から副交感神経優位な状態にスムーズに切り替わり、体温がストンと落ちた際に良質な眠りは得られることがわかっています。

この副交感神経優位に切り替えるためにアロマだったり、照明だったり、快眠の音楽などを活用するというわけです。また、足が冷えて眠れないという人には、足元あったか快眠グッズなどが役立ちます。最近の女性は、夏でも足元が冷えて眠れない人が多く、足元を温めることも快眠のためのポイントです。
明るすぎる照明も自律神経の切り替え時には、よくありません。

眠れないと悩む人は多いのですが、原因さえわかってしまえば人はぐっすり眠れるのです。体温と自律神経を味方にし、今日からぐっすり眠れるようにしましょう!
眠りの悩みを解消しよう!では、1人でも多くの女性が、もちろん男性も熟睡できるよう正しい情報を誠実に発信していきたいと思っています。
〔管理人〕

One Response to ぐっすり眠れる快眠方法を紹介

  1. Pingback: 疲労倦怠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です