快眠食」カテゴリーアーカイブ

長ネギスープ

寝る前に飲めば熟睡できる

長ネギが薬だというと驚かれる方もいるでしょうが、民間療法でカゼに長ネギが用いられるのは有名ですし、今日でも長ネギの白い部分は蒼白というれっきとした生薬(漢方薬の原材料となる天然の草根木皮など) のひとつに数えられています。

ねぎは免疫力を強くする香味野菜

日本の漢方の主軸となる『傷寒論』という中国の有名な医学書の古典にも、蒼白を使った漢方薬が記載されており、奇跡的な効果をもたらすほどの名薬として知られています。

生命力が充実しているときは、陰陽の気が手をとり合っています。蒼白、つまり長ネギの白い部分は、上がった陽気を下げ、陰陽の気のバランスをとる働きがあります。

もちろん、そんな重症な状態でなくても、陽気が頭に上がっているために体が「冷えのぼせ」の状態になり、夜眠れなくなるということがあります。こんなときにも長ネギが使えます。夜、なかなか眠れないという人は、寝る前に長ネギスープを飲むと、上がった気が下がっていつの間にかスーツと眠りにつけるようになります。

長ネギスープの作り方

まず、水250~350mlを鍋に入れて火にかけます。その間に、よく洗った長ネギの白い部分を10cmくらいの長さに切り、それをフライパンなどで軽く焦げめがつくくらいに焼きます。軽く焼いたら包丁でみじん切りにします。お湯が沸騰したら、みそ大さじ1杯を加え、煮立てます。沸騰したら、火を止めてみじん切りにした長ネギを入れます。これに、おろししょうがや削ったカツオ節を少々加えてもかまいません。長ネギは、緑と白の部分の境界が明確で、ハリのあるものを選んでください。また、長ネギを少し焼くと甘みが出てきます。

睡眠不足で体力が消耗しているときは、甘みが体力を回復させるのに役立ちますので必ず焼いてから用いてください。長ネギを加えて10秒ほどしたらおわんに移して飲んでください。
1日1杯を寝る前に飲むとよいでしょう。

飲むと体が芯から温まり、心までポカポカし、次第に眠けが訪れます。長ネギスープだけでも効果がありますが、とくに神経質な人の場合は、「帰脾湯(きひとう)」という漢方薬と長ネギスープを合わせて飲むとさらに効果的です。

酢タマネギ

自律神経を整えることで安眠につなげる

タマネギは、料理に広く利用されているとても身近な野菜で、すばらしい薬効を持っています。このタマネギを薄くスライスして酢に漬け込んだ「酢タマネギ」が、不眠解消にとても有効なのです。

漢方では、五臓(「肝」「心」「牌」「肺」「腎」) と、それらに作用する食品をその色や味、形と結びつけて考えます。この考えでは、タマネギは「心」に作用する食品とされています。「心」は自律神経の働きをつかさどり、そのバランスを保つ役割をしています。ところが、女性の更年期や男女を問わず大きなストレスを感じたときには、「心」の働きが低下し、自律神経のバランスが崩れてしまいます。

その結果、不眠をはじめとしたさまざまな不定愁訴に悩まされるようになります。これは、若いころから冷え症体質だった人に強く現れる傾向にあります。

これに対し、タマネギのようにビタミンB1が豊富な食品は、漢方では「心」に働き、自律神経を整えると考えられています。また、タマネギには体を温めて血液循環をよくする作用があるとされています。したがって、タマネギは不眠を改善するのに有効だといえるのです。

さらに、タマネギのにおいの成分の1つである硫化アリルにも高い薬効があることが最近の研究でわかってきました。硫化アリルは、血管に血液が詰まるなどしてできけつせんる血栓を溶かして、血液の流れをスムーズにする血栓溶解作用があります。

また、血液中のコレステロールをへらし、血栓ができたり血管が傷つけられたりするのを防ぐ作用もあります。このように高い効果のあるタマネギですが、薬効成分の中には、加熱するとこわれやすいものもありますので、生のまま酢に漬けて作る酢タマネギは、タマネギの薬効を取り入れるのにひじょうにすぐれているのです。

一方、酢には体を温める作用や瘀血(血液のとどこおり) をなくし、血液循環をよくする働きとともに疲労を回復させる働きがあります。

また、血中のコレステロール62中性脂肪をへらしたり、血糖値をコントロールする働きも認められています。

コレステロールを下げる食品(たまねぎ)

タマネギと酢を組み合わせると、相乗作用によってストレスからくる不眠などにとても高い効果を発揮します。不眠のためには、酢タマネギは1日にタマネギ3分の1個(60g)分は食べるようにしましょう。

また、酢タマネギを食べるだけでなく、タマネギを漬け込んだ酢も料理に利用したり、お湯などで薄めて飲んだりするといいでしょう。

酢には硫化アリルの薬効が大量に含まれていますので、血流改善や疲労回復効果がさらに高まります。ただし、酢は体に水分をためる働きがあると考えられていますので、体の水分代謝が悪い人は、高い利尿効果(尿の出をよくする働き)のあるタマネギの芯の部分を利用したり、タマネギの皮を洗って陰干しにしたものを煎じて飲むといいでしょう。また、タマネギをスライスしたものを枕もとに置いておくと、自然な眠けに誘われて安眠できると古くからいわれていますが、これもタマネギのにおい成分のもたらす鎮静効果と考えられています。

納豆とアサリの味噌汁が快眠フード

ビタミンB12の不足が不眠の原因になる

現代社会では「眠れない」と訴える不眠症の人が激増しています。不眠症には大別すると分裂病やうつ病、ノイローゼからくる心因性の不眠とストレスが原因で起こる神経性の不眠とがあります。

最近はとくに後者の不眠がふえる傾向にあり、神経質でささいなことを気にする人がかかりやすいといえます。眠れるかどうかばかりを心配して、なんとか眠ろうとする努力がかえって脳を覚醒させ、ますます眠れなくなってしまうのです。

この神経性不眠の改善にたいへん有効なのが、ビタミンB12です。『神経ビタミン』の別名を持つビタミンB12 は、ストレス性の病気にとても効果があり、専門医も不眠症の治療に用いている微量栄養素です。ビタミンB12を含む食品には納豆や豆腐、アサリ、イワシ、牛乳、レバー、イカなどに豊富に含まれています。

初心者にもわかりやすいビタミン、ミネラル(水溶性ビタミン)ビタミンB12

ビタミンB12がなぜ神経性不眠に効果があるのでしょうか。神経性不眠は、自律神経失調症のひとつです。自律神経のエネルギー源は糖質ですが、食べ物から得た糖質をエネルギーに変換するためには、ビタミンB12が欠かせないのです。

ビタミンB12が不足すると、自律神経のバランスが狂ってしまいます。逆にいえば、アサリや納豆などの食品をたくさん食べて、ビタミンB12を補給すれば自律神経のハランスが正常に戻り、快眠が得られるようになるというわけです。

人間は本来、昼に活動して夜には眠るという生活リズムに合わせた体内リズムを持っていますが、日常生活の時間帯がずれてくると、体内リズムと活動の差が大きくなり、体内時計が狂ってしまいます。すると、ふつうの人が起きる時間に起きられず、眠る時間に眠れなくなってしまうのです。このような睡眠・覚醒リズム障害がとくに最近ふえ続けています。

実際、寝る時間と眠りの深さには密接な関係があります。人間の眠りには、体が休まる浅い眠り(レム睡眠) と脳が休まる深い眠り(ノンレム睡眠) がありますが、12時前に寝ると、すんなりとノンレム睡眠に入ることができます。

一方、睡眠・覚醒リズム障害の人のように、12時を大幅に過ぎた深夜や明け方にしか寝られない人の場合は、常に浅い眠りしか得ることができず、質の悪い睡眠しかとれません。

こうした睡眠・覚醒リズム障害の症状にも、ビタミンB12が効果を発揮します。最近の研究で、ビタミンB12は人間の睡眠と覚醒のリズムを調節する働きがあることがわかってきました。

ところで、睡眠・覚醒リズム障害の人たちは、ほとんどが朝食抜きです。これでははっきり目が覚めないし、体内時計の調整がうまくいかないのも当然でしょう。なぜなら、朝、脳を覚醒させるいちばんの方法は体を温めることであり、そのためには朝食をきちんととることが最適だからです。そこでおすすめなのが、ビタミンB12がたっぶりの納豆やアサリを使った献立です。

納豆ごはんにアサリのみそ汁、イワシの丸干しなどは、日本人が昔から好んで食べてきた朝食の献立です。したがって、昔ながらの朝食を毎日しっかりと食べていれば、自然にビタミンB12をじゅうぶん摂取することができて、神経性の不眠も睡眠・覚醒リズム障害による不眠も改善されてくるというわけです。

朝からビタミンB12を多く含む食品を食べておくことで、体内時計のリズムがより整いやすくなり、夜すみやかに睡眠に入れるようになるからです。

不眠症ぎみで困っている方は、朝食にぜひ納豆ごはんとアサリのみそ汁など、ビタミンB12の多い献立を取り入れて、不眠症を改善し、快い眠りから得られる健康的な生活を送ってください。