不眠症について

このサイトでは「不眠症とは?」を記述すること自体がナンセンスなのかもしれませんが、やっぱり最初の「まえがき」的要素として書かせていただきます。これについては、難しいことはなく「眠れないこと」で完結します。ところがこの「眠れない」をもう少しつきつめることで本当の不眠症の原因が見えてくるのです。大きく分けると「寝付きが悪い」「夢をよく見て熟睡できない」「夜中に何度も目が覚める」

の3つに分類することができます。睡眠は、もともと長時間眠れればいいというものではなく、睡眠の質、量ともに満たした時に心地よい眠りを実感することができるのです。眠りにつくまでの時間の過ごし方で快眠できる場合もありますし、寒い冬であれば、足元を暖かくする快眠グッズを使用することですんなりと眠れるようになったりします。睡眠の深さ、安定性、悪夢を見るか?見ないか?の有無、そして睡眠時間などが重要になってきます。

ストレスが不眠を誘発

戦後の日本は、めざましい高成長をとげ、経済大国になりました。ここ数年は、震災の影響もあり、やや不況という言葉が印象に強いのですが、現代社会は非常に複雑化してきています。日常的にストレスを自覚している人、自覚していない人がいます。また、ある事柄に関しては、そのストレスを自覚しているけれど、ある事柄に対しては自覚していない、といった場合もあります。眠れないという症状がでるのは無理もないのです。

さらに、文明の発達が人間の不眠を招いているケースも多々あるのです。就寝する直前まで携帯やPCなどを使って目を酷使しているだけで不眠の原因となってしまいます。こうしたOA機器の操作は、目の疲れを自覚しないまま時間が経過してしまいます。好きな動画なんかをずっと見ていれば目の疲れ、目のストレスなんかはすぐに自覚しなくなってしまいます。目の疲れをとるストレッチを行ったら不眠が2日で解消された人もいるほどです。

こういう生活環境、社会環境の中でいかにして眠るのか?ということはとても大切で大きな問題となりつつあります。音楽によるリラックス効果で快眠に成功した人が多いのも確認されています。

眠るための快眠グッズもたくさん紹介されています。その中で自分はどれが最適な方法になるのかじっくり検討していただければうれしいです。リラックスして体の緊張をほぐすことが何より先決です。寝返りしやすい枕などは、本当に快適な睡眠をサポートしてくれますので試してみる価値は高いように思います。

眠りの悩みを解消しよう!が一人でも多くの不眠を解消してくれることを祈りながら日々更新しています。

リンク集

このページの先頭へ