大麦パワーでぐっすり快眠できる「快眠ぐっすり酵素」セロトアルファを飲むだけで熟睡できる!




脳内伝達物質を活性化!”うつ”サプリ【セロトアルファ】

副作用の心配がある睡眠薬不要でぐっすり眠れる

脳内神経物質を少しずつ増やす

セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンは、睡眠に関係する脳内神経伝達物質ですが、これらは脳の中で作られる生理活性化物質で、人間の活動における積極性や学習能力、食欲、性欲、また睡眠や自律神経の働き、心の安らぎにも大きく関係しています。

最近、増加傾向にある「うつ病」やイライラ、ドキドキ、睡眠障害、また体の冷えや便秘、片頭痛なども、脳内神経伝達物質の不足が一因だと考えられています。そのため、最近の新薬でいえば、たとえば抗うつ薬の「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込み阻害剤)」のように、脳内におけるセロトニン(落ち着き・安定感)とノルアドレナリン(覚醒・注意力・判断力) の量を増やす作用を持つ薬も開発されるようになりました。

こうした薬や睡眠薬に頼ってようやく眠れる人が増えています。しかし薬を常用すると、どんどん身体に耐性がつき、服用量も次第に増えてしまいます。また、より作用の強い薬を使わなければ効かなくなってしまいます。こうなると、睡眠薬に頼ってしまったばかりに依存してしまうケースも多いのです。

不眠の治療に使われる薬はこちらです。
薬が増量されるようになると、副作用の心配も大きくなります。こういった点から現在とても注目を集めている食品があります。それは、大麦を黒麹で発酵させた「快眠ぐっすり酵素」のセロトアルファです。
実は、この「快眠ぐっすり酵素」を体内に取り入れると、脳内神経伝達物質の働きを正常にする作用が期待でき、睡眠薬に頼っていた人もそこから離脱できると注目されているのです。
常習性がないのであれば安心して飲むことができます。

500人のモニター調査が証明

「快眠ぐっすり酵素」には、どんな効果が期待できるのでしょうか。実は、この「快眠ぐっすり酵素」の開発に当たっては、10年という長い期間を要しており、その間、500名にものぼるモニタリング調査が実施されています。モニター結果を読まれて「快眠ぐっすり酵素」の多彩な効果に驚かれる方も多いことと思います。

これはおそらくセロトニンの活性レベルが回復したことによるものと考えられるでしょう。というのも、脳内神経伝達物質のセロトニンは、オーケストラでいえば指揮者に当たる存在で、その作用が活性化すると、その他の脳内神経伝達物質が増えて、脳内機能の健全化がはかられるのです。

そのため、夜はぐっすり眠れて、朝はすっきり目覚められるようになりますし、また、ノルアドレナリン神経のコントロールもうまくいくようになるため、ストレスに対する対処が適切に行われ、イライラやドキドキなども次第に緩和。

さらに、自律神経にもよい影響を及ぼして、体温調節機能が正常に働き、冷え性の改善にもつながるわけです。では、なぜ「快眠ぐっすり酵素」で私たちの身体を司る中枢、すなわち脳内環境の改善が見られるのでしょうか。

まず、この「快眠ぐっすり酵素」の製品開発に先だって、麹菌の発酵物にセロトニンやノルアドレナリンの再取りこみ阻害薬であるSNRIと酷似した阻害活性作用が見出されたという研究成果がありました。

「快眠ぐっすり酵素」は、この成果を極めるためには、どの麹菌で発酵させればよいか、また、どんな食品だと最もパワーの強い酵素が得られるか地道に研究を重ね、その結果、黒麹で大麦を発酵させて得られる酵素が最も生理活性作用にすぐれていることがつきとめられたのです。

ちなみに、酵素というのは、体内においては細胞の代謝機能を高める上で必須の栄養素で体内に積極的に良質な酵素を取り入れることで、たんばく質など栄養の分解もスムーえに進みますし、身体の細胞は生き生きと代謝活動を行うようになります。細胞の代謝が活発になれば、胃腸や肝臓など、体の各器官も元気に働くようになり、免疫機能の活性化にもつながります。

さらに「快眠ぐっすり酵素」には、燃焼カルシウムも配合されており、このカルシウムは脳内神経伝達物質の活動に重要であるだけでなく、高い抗酸化作用が認められています。

快眠ぐっすり酵素「セロトアルファ」は↓をクリック



セロトアルファなら副作用の心配がある睡眠薬不要でぐっすり眠れる

セロトアルファによって多彩な健康効果が得られる理由としては、脳内環境の改善に加えて、酵素による細胞の代謝機能の克進、さらに免疫機能の回復と抗酸化作用による相乗効果があるのではないかと考えます。

そして、もう1つ付け加えるならば、セロトアルファによる睡眠の質の向上も見逃せないでしょう。
夜、ぐっすり寝られて、朝、すっきり目覚める、すなわち快眠は、すべての病気、その他の体の不調を癒し、健康を取り戻す土台となるもの。

そのためには、精神の安定にも寄与するセロトニンの活性化が不可欠となります。セロトアルファの画期的なところは、この脳内神経伝達物質の要ともいえるセロトニンの活性作用にすぐれ、薬に頼ることなく、セロトニンが活性化し、正常化の方向に働くことです。夜ぐっすり寝られれば、睡眠薬からの離脱も可能となり、免疫機能もさらに安定。もちろん、疲れも取れて、活力の復活にもつながるでしょう。

「セロトアルファ」の5つ厳選素材が快眠をサポート

  1. 体内から活性化「大麦発酵酵素
    大麦を麹で発酵させた物質を体内で効果的に吸収できるよう研究を重ねた結果、遂に商品化に成功
  2. 酵素がたっぷり「麹カプセル」
    麹にはでんぷん質を消化いて糖分に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼの3大消化酵素が含まれます。
  3. 生きたまま大腸に「ビフィズス菌」
    腸は第2の脳と言われ、善玉菌、悪玉菌をバランスよく機能させています。一般にビフィズス菌は酸や酸素に弱いのですが、セロトアルファにはビフィズス菌BB536を配合しており、他のビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、セインの中での生菌数が高く生きたまま腸に到達します。
  4. 万能アミノ酸「グリシン」
    グリシンは注目の成分でサプリメントができるほどです。グリシンをバランス良くカプールセルの中に配合し身体のリズムを整えます。
  5. 酸化防止「焼成カルシウム」
    牡蠣の殻を特殊製法で微粉末にした「焼成カルシウム」は長時間にわたり酸化還元作用が確認されています。老廃物や有害ミネラルを体外に排出し健康な免疫機能、代謝機能を保持します。

500名のモニターの症状改善例

  • 自然に寝付けるようになった
  • 夜中のトイレの回数が減った
  • 夜中トイレに行った後も再び眠れる
  • 朝が快適
  • 睡眠薬が不要に
  • 肌がきれいになった
  • 化粧のノリがよくなった
  • 皮膚病が改善
  • 水虫が治った
  • ひじ、膝の乾燥が治った
  • 通じがよくなった
  • 宿便が解消
  • イライラしなくなた
  • 不安感がなくなった
  • 倦怠感がなくなった
  • 安定剤が不要になった
  • 突然の発汗がなくなった
  • 突然の顔のほてりがなくなった
  • 動悸息切れがなくなった
  • 生理不順が改善
  • 高血圧、高血糖が改善

快眠ぐっすり酵素「セロトアルファ」は↓をクリック



This entry was posted in コラム.