目覚め」タグアーカイブ

体内時計と生活習慣

体内時計には、脳の中にある「主時計」と、全身の細胞にある「末梢時計」の2種類があります。このふたつのリズムが同調することで、人のからだは一日のリズムを正しく刻むことができます。
25時間ある主時計のリズムは、目から光の刺激を受けることでリセットされて24時間に調整されます。このことから、朝日を浴びることが大切であることがわかります。
また、末梢時計を調整するのは食事で、朝起きてから1時間以内に食事をとることでリセットされて、主時計のリズムと同調します。
ふたつの時計のリズムがバラバラだと、からだのリズムが乱れて不調の原因となります。
朝食の量は、少なすぎると体内時計をリセットすることができません。できれば飲み物だけでなく、ごはんやパンの炭水化物をたんぱく質と一緒に摂ると効果的です。
夕食は、できるだけ21時ぐらいまでには済ませたいところです。抹消時計は最低8時間の絶食後、初めての食事でリセットされるので、夕食の時間が遅いと次の日の朝食までの時間が足りなくなってしまい、リセットもされにくくなります。食べる量や脂肪分の摂取については控えめにしましょう。

生活習慣を見直して体内時計をリセットする

  • 普段の生活時間が不規則だ
  • 朝日を浴びることが少ない
  • 朝起きるのがつらい
  • 朝食をとらない、または飲み物だけ
  • 夜遅い時間に食べることが多い

これらのことが当てはまる人は、生活を見直しましょう。
そのほか、就寝前は部屋の照明を明るくし過ぎず、パソコンやテレビなどの光で目を刺激しないようにして、からだのリズムを整えましょう。
不規則な生活で体内時計がずれると、からだの不調を招きます。
前述のように、大切なのは朝日を浴びて朝食をとること。そして、夜しっかり休息することで、朝は、からだを目覚めさせましょう。

睡眠のメカニズムはコチラ

快眠メソッド 朝は身体のスイッチをオンにする

自然な眠りのリズムが崩れている人は、身体のスイッチのオンとオフをサポートしてくれる、快眠メソッドを試してみましょう。メソッドとは方法という意味ですが、オンとオフのスイッチの切りかえが上手にできると、快眠に効果的です。
朝までぐっすり眠った後は、シャキッと目覚め気功で、自然にスッキリ目覚めましょう!気功といっても誰でもできる簡単なものです。

快眠メソッド 朝のスイッチON

朝なかなか起きられない人は、目覚め気功 天然の呼吸法=伸びでスッキリ目覚めましょう。
朝、目が覚めたものの、ボーッとしたままいつまで経っても布団から出られない・・・そんな人もけっこう多いのでは?
そんな人にオススメするのは、とりあえず伸びること。大きく身体を伸ばしてから起きると、とてもスッキリします。そして、そのときに一緒に声を出す(息を吐く)ことがポイントとなります。
目覚めに必要な呼吸というのは人によって違いがあるので、伸びのときに自然に出る声も人それぞれに違います。「ふわぁ~」とか「あぁ~~」とか何でもいいのですが、自分が気持ちいいと感じるように声を出しながら伸びることが大切なのです。

伸びをした後は、布団の中でモゾモゾ身体を動かします。手首をねじったり、腕をひろげたり、ひざを曲げたり伸ばしたり、倒したり。
そうしているうちに、起きられる状態に少しずつ身体が目覚めてくるので、続いてゆっくりと上体を起こし、最後は布団(ベッド)の上に正座して、腰をしっかり立てます。こうすることで、身体に目覚めのスイッチが入ります。

メソッド1 声を出しながら伸びる

朝、目が覚めたら、まず大きく全身で伸びをします。そのとき、声を出しましょう。自然に出てくる声は、その人に合った天然の呼吸法になっています。

メソッド2 寝たままモゾモゾ動いて起きあがる準備

次は寝たままで身体をモゾモゾと動かしてみましょう。動かし方に決まりはありませんが、ムリをしないで気持ちよく感じる程度に動きましょう。ほぐれてきたら身体をゆっくり横向きにして、軽くひざを曲げ起きあがる体勢をつくります。続いて、曲げたひざを抱えるようにして自然にお尻を乗せると、正座してお辞儀したような体勢になります。まだ上体を起こせないようなら、そのまましばらくの間、ゆっくり深呼吸してみましょう。

メソッド3 正座でしっかり腰を立てる

そこから上体をゆっくり起こしていきます。両手を腰に当てて、しっかりと腰を立てるようにすると、目覚めのスイッチがオンになります。