暑さ対策」タグアーカイブ

快眠のための寝室の暑さ対策

寝苦しい夏の夜。
暑くて眠れないのはもちろんのこと、部屋を冷やし過ぎて目が覚めるなんてこともあるのでは?
夏バテや夏風邪にもつながりやすい、あつーい夏の眠りの悩み。
エアコンや扇風機などをうまく活用して、クールに乗りきりたいですね。
暑さ対策として大切なのは、まず、寝室の温度と湿度を適度に保つことです。
温度は、寝つくまでは25度、そして睡眠中は25~28度が目安となります。湿度は、50~60%に保ちましょう。
暑すぎても寒すぎても、快適に眠ることはできません。

エアコンをつけて眠る時

 ・エアコンの風が身体に直接あたらないようにする。
 ・除湿運転で、湿度を快適にする。
 ・扇風機と併用すれば、設定温度は高めでよい。

扇風機をつけて眠る時

 ・足元に置いて、うちわで仰ぐ程度の微風がよい。
 ・首振り機能を使って寝室の空気を循環させる。
 ・壁や天井のほうに向け、風を間接的にあてる。

そのほか、吸湿性に優れた布団やシーツ、枕、パジャマなど、寝具を涼しいものにして、熱や湿気を逃がすようにしましょう。
窓の外は、すだれや植物のグリーンカーテンで日差しを遮る、窓辺には、遮光カーテンをつけたり植物を置くなど、熱をためず、涼しく過ごせるように工夫してみましょう。

寝苦しい夏の快眠グッズ特集 はコチラ

断熱すだれで寝室の遮光をする

寝室が暑くて眠りが妨げられる・・・夏の夜の最大の悩みでは?
エアコンを使って冷えすぎると体の調子が悪いし、電気代もかかる。

だったら、『すだれ』を利用してみませんか?
寝室の窓にすだれをつけて昼間の日差しを遮り、温度の上昇を防いで夜は快適に眠りましょう。
窓から入る熱を遮るのに、すだれを使います。窓の外に立てかけている家もありますが、ここでは、室内も設置できる洋風の断熱すだれを紹介します。

こちらの断熱すだれ、遮光率は60~70%くらいですごく高いわけではないけれど、室内の冷房効率にも期待できます。
風通しが良くて外からの視界を遮ることができるのも、うれしいポイント。
また、冬は部屋の暖気を逃さないのであたたかく過ごせ、暖房効率に期待できます。
簡単に取り付けられるエコグッズで、夏も冬も使える優れモノです。

大きさは幅60㎝×高さ135㎝ほどで、寝室などの小窓に適したサイズです。
この遮光は、もちろん寝室に限ったことではありません。もっと大きなサイズのリビング用のすだれもあるので、合わせて使って家じゅうをエコで涼しくしませんか?

快眠のための寝室の暑さ対策 はコチラ。

 ▼ 断熱すだれ 小窓用 の詳細、購入はコチラ。