睡眠時無呼吸症候群」タグアーカイブ

昼間眠くなる病気

睡眠は、身体と脳の疲れをとって翌日も元気に過ごすための、毎日の大切な時間です。それなのに、ぐっすり眠れた気がしなかったり、昼間眠くなってしまうのは、よい睡眠がとれていないのかもしれません。特に、女性は家事にも仕事にも忙しかったりで慢性的な睡眠不足になっている場合があるようです。そうなると、日中の生活に支障がでることもあります。

月経前や月経中の眠気

女性は、月経前や月経中には眠気が強くなることを感じている人も多いでしょう。妊娠中に強い眠気がある人が多いことからも、睡眠には女性ホルモンが影響しているのではないかと考えられています。
女性の卵巣から分泌される女性ホルモンには2種類あり、月経前の黄体期と妊娠中には『プロゲステロン』の分泌が増え、月経後の卵胞期から排卵期には『エストロゲン』の分泌が増えます。深い眠りにつくには体温が下がらなければなりませんが、プロゲステロンには体温を上げる作用があるので夜の眠りが浅くなり、昼間眠気におそわれるようです。
月経の周期に関する眠気はだいたい時期が予測できるでしょうから、その間はできるだけ睡眠時間を確保したいものです。

睡眠不足症候群

「寝付きはよい、夜中に目が覚めることはない、でも、昼間眠くてしょうがない。」こんな人は、もしかしたら睡眠不足症候群(すいみんぶそくしょうこうぐん)かもしれません。
この睡眠不足症候群とは、30代くらいの女性に多い睡眠の病気です。毎日の睡眠が足りていないため日中に眠くなり、集中力が低下してしまいます。また、気分がイライラするといった症状などがあり、これらが3ヶ月以上継続している状態です。たかが睡眠不足と思うかもしれませんが、国際的にも認められている病気なのです。特に家事や育児に時間をとられ仕事も頑張る女性の場合、床につく時間が遅くなってしまっても翌日の朝はまた早起きしなければならず、睡眠時間が削られることになります。平日は睡眠時間が短めで、休日は長いというのが典型的なパターンです。休日に平日より2時間以上多く睡眠時間をとっているようなら慢性的な睡眠不足でしょう。
睡眠がじゅうぶんにとれていなければ昼間に眠くなるのは当然ですが、睡眠不足症候群の人は自分が睡眠不足だということに気がついていないようです。日中の眠気が睡眠不足によるものかということは、睡眠日誌をつけてみるとわかります。

ほかには、睡眠時無呼吸症候群という病気があります。大きくて不規則な「いびき」をかき、空気の通り道の気道が塞がれて、一時的に呼吸が止まる病気です。しっかり眠っているようでも熟睡できていないので、日中に強い眠気におそわれます。

快眠を妨げる睡眠時無呼吸症候群について

『睡眠時無呼吸症候群』、この言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。
それでは、睡眠時無呼吸症候群とは、どんな病気なのでしょうか?
それは文字通り、睡眠中に一時的に無呼吸状態になってしまう病気です。10秒以上呼吸停止の状態になり、この無呼吸が、1時間に5回以上または7時間ほどの睡眠中に30回以上おこると、睡眠時無呼吸症候群だといえます。
呼吸が停止するというと、もしかしたら死んでしまうのでは? と不安になるかもしれませんが、この無呼吸自体で死んでしまうことはありません。ただし、身体に負荷がかかるので、高血圧や心疾患などを引き起こしてしまうことがあります。
また、十分に睡眠がとれないために昼間の集中力や活力に欠け、居眠りをしがちになることもありますので、注意しましょう。

特徴的な症状は激しいいびきをかくことです。いびきが止まった時は呼吸が止まっていて、またいびきをかき始めます。呼吸が止まるたびに酸欠になるので、脳はこの状態を抜け出そうと覚醒するのですが、本人には目覚めた意識はありません。しかし、ぐっすり眠れていないために、日中ウトウトと居眠りをしてしまいます。

太った男性に多い病気だと思われていますが、更年期以降の女性や、若い人でもアゴが小さい場合には注意が必要です。アゴが小さくても舌の大きさは変わらないそうなので、気道が狭くなります。

睡眠時無呼吸症候群は心身に影響を及ぼしますが、ただの疲れだと思ってしまう人も少なくありません。気になる症状がある場合には、次の項目をチェックしてみましょう。

  • 肥満気味である
  • アゴが小さく首が太くて短い
  • いびきを指摘される
  • 寝相が悪く寝汗をかく
  • 夜中に何度もトイレに起きる
  • 起きた時に頭が痛い
  • 熟睡感がない
  • 日中の眠気が強い
  • 集中力や記憶力の低下を感じる

あてはまる項目が多いほど、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高くなります。
しかし、これらは、生活環境を見直したり、マウスピースやいびき防止クリップなどの効果的な対策グッズを使用することで改善できることもあります。
心配な人は、早めに、耳鼻咽喉科、呼吸器内科など専門医の診察を受けましょう。
睡眠時無呼吸症候群のさらに詳しい症状、原因についてはこちらです