急増している高齢者の不眠解消方法

睡眠に対するやや強すぎるこだわりが不眠を招いてしまっているケースも

年を取って眠りが浅くなった、夜中に何度も日が覚める、など不眠に悩む高齢者がふえています。実は、体が老化するように、睡眠にも老化があるそうです。高齢者の不眠をどう改善すればよいのかについては、不眠に悩む人にとってとても重要です。

20代なら、深夜や明け方に目が覚めることはほとんどありません。しかし40代、50代と年を取るにつれて、夜間に何度も起きるようになります。80代になると、比例してさらに増加します。

中途覚醒だけでなく、眠り自体も浅くなります。40代から、深い睡眠がへり始め、80代では、すっかりなくなります。中途覚醒が多く、眠りが浅い高齢者に、不眠の訴えが多いのは当然のことなのです。

厚生労働省の統計でも、病院に行くほどではない状態も含めて、よく眠れない人は、20.5人に1人の割合でいると報告されています。

加齢によって深い睡眠がへるのは、脳の神経の脱落とか、神経伝達速度の低下とか、神経伝達物質の分泌量の減少とか、さまざまな神経学的、生理学的な老化が複雑に絡み合ったものと思われます。

高齢者では、仕事や家事の引退後、昼間に時問を持て余す場合が増えます。そのような生活では、昼問の活動量が低くなり、夜、眠れなくなるのは自然です。

また、その眠れないことに対するこだわりを持つ時間が多くあるので、昼間から、「体のためには眠らなければいけないのに、眠れない。どうすればいいのか」というようなことばかり考えがちになります。

生理学的には、リラックスした状態になることが、入眠の条件です。しかし、睡眠に対するこだわりが強くなっていると、どうしても緊張状態になり、眠れなくなってしまいます。

そのうえ、高齢になるとふえる中途覚醒も問題です。普通は、中途覚醒があっても、朝になれば忘れるのですが、不眠そのものに注意が強く向いていると、夜中、日が覚めたときに、「あ~また眠れていない」とストレスを抱えてしまいます。

そうなると、もうしっかり覚醒させる方向に脳が働き、ますます眠れなくなるという悪循環になってしまいます。年を取ったら、眠れないのはあたりまえと思ったほうがかえっていいようです。では、加齢による不眠にも、治療法はあるのでしょうか。

睡眠障害の治療には、その原因を明らかにすることが先決です。生活や仕事、家庭の状況、人間関係などをよく問いたり、睡眠日誌もつけてもらったりします。そのような調査から、昼寝が多く、あまり外出しない生活の人には、生活の心構えを少しずつ変えていくことも提案します。昼問に動く時問を多く取るようなことも大切です。

脳の覚醒をおさえる新薬も登場している

睡眠薬については、何をやっても眠れない場合の最終手段として、薬が必要な場合には、睡眠薬が必要になるケースもあります。ただし、最初は、眠れるのですが次第に薬が効かなくなるケースが多いのも事実です。

現在使われている睡眠薬のほとんどが、ベンゾジアゼピン系という種類のものです。この薬には、昼問の眠気という副作用があります。飲みすぎると、効果が翌日まで持ち越され、眠気、頭痛、倦怠感、脱力感などにさいなまれるのです。常用し続けると、依存が起こったり、同じ量では眠れなくなったりします。
不眠の治療に使われる薬はこちらです。

最近、オレキシンをターゲットにした、新しい作用機序の睡眠薬が登場しました。生理的な依存が起こりにくいので、注目されています」。オレキシンとは、脳の視床下部あたりから分泌されている神経伝達物質です。

「ナルコレプシー」という睡眠障害の研究を通じて、オレキシンは、覚醒の維持に重要な役割を担っていることが明らかになりました。ナルコレプシーとは、昼間でもすっと寝てしまう病気です。症状としては、夜間の不眠、頻繁な中途覚醒もあります。有病率は1000人に1人です。ナルコレプシー患者は、正常者に比べてオレキシン自体の産生量の低いことがわかってきました。その後の研究により、オレキシンの産生が低下していることが、覚醒の維持に障害のあるナルコレプシーの原因であろう、と考えられるようになっています。

今回、登場した新薬は、オレキシンが脳神経の受容体に結合するのを阻害し、その作用を抑制するものだそうです。

脳の覚醒状態を抑え、穏やかな眠りへと導く、新しい作用メカニズムの薬として期待されています。

睡眠薬を使いたくない方はこちらの快眠ぐっすり酵素 セロトアルファがおすすめです。

This entry was posted in 睡眠.