環境」タグアーカイブ

快眠のための寝室の暑さ対策

寝苦しい夏の夜。
暑くて眠れないのはもちろんのこと、部屋を冷やし過ぎて目が覚めるなんてこともあるのでは?
夏バテや夏風邪にもつながりやすい、あつーい夏の眠りの悩み。
エアコンや扇風機などをうまく活用して、クールに乗りきりたいですね。
暑さ対策として大切なのは、まず、寝室の温度と湿度を適度に保つことです。
温度は、寝つくまでは25度、そして睡眠中は25~28度が目安となります。湿度は、50~60%に保ちましょう。
暑すぎても寒すぎても、快適に眠ることはできません。

エアコンをつけて眠る時

 ・エアコンの風が身体に直接あたらないようにする。
 ・除湿運転で、湿度を快適にする。
 ・扇風機と併用すれば、設定温度は高めでよい。

扇風機をつけて眠る時

 ・足元に置いて、うちわで仰ぐ程度の微風がよい。
 ・首振り機能を使って寝室の空気を循環させる。
 ・壁や天井のほうに向け、風を間接的にあてる。

そのほか、吸湿性に優れた布団やシーツ、枕、パジャマなど、寝具を涼しいものにして、熱や湿気を逃がすようにしましょう。
窓の外は、すだれや植物のグリーンカーテンで日差しを遮る、窓辺には、遮光カーテンをつけたり植物を置くなど、熱をためず、涼しく過ごせるように工夫してみましょう。

寝苦しい夏の快眠グッズ特集 はコチラ

快眠のための寒さ対策を見直そう

まだまだ寒い日が続きますが、寒さ対策をしてぐっすり眠れていますか?
寒くて寝つきが悪い、手足が冷えて眠れない、朝寒くて布団からなかなか出られないなど、冬も眠りの悩みがありますね。
冬の快眠のためには、暖かい環境をつくることが大切です。
でも、睡眠中の身体は内部の熱を逃がそうとするので、その働きは妨げないようにしましょう。
暖かくてぐっすり眠れる環境かどうか、もう一度、寝室の環境を見直してみましょう。

布団や毛布など寝具は軽くて暖かいものを使うこと、ベッドや布団はできるだけ窓から離れた位置に置いて、窓には厚手のカーテンをかけ温めた空気を逃がさないようにするのも、寒さ対策には良いですね。

寝る前にしておくこと

  • ヒーターなど暖房器具で部屋を温めておき、寝る前には消す。
  • 湯たんぽや布団乾燥機などで布団を温めておく。
  • 入浴後、身体が冷えないようにする。

寝室の湿度を保つには・・・

  • 加湿器を使う。
  • ぬらしたタオルを寝室に干す。
  • 観葉植物を置く。

冬は空気が乾燥して、家の中にいても肌が乾燥します。朝起きたときに、のどが痛い人は多いはず。寝室の湿度を50~60パーセントに保って乾燥を防ぎましょう。

そして、足元の寒さ対策には足元あったか快眠グッズ(一覧)などが効果的です。足元を温めると体全体が温かくなったように感じ、眠りにつきやすくなります。