快眠のための寝室の暑さ対策

寝苦しい夏の夜。
暑くて眠れないのはもちろんのこと、部屋を冷やし過ぎて目が覚めるなんてこともあるのでは?

日本の夏はもともと湿気が多く蒸し暑いのに、年々温暖化が進み、夜も気温が下がらなかったりして、本当に不快ですね。
夏バテや夏風邪にもつながりやすい暑い夏の眠りの悩み、エアコンや扇風機などをうまく活用して、クールに乗りきりたいですね。

寝室の温度と湿度を適度に保つ

暑さ対策として大切なのは、まず、寝室の温度と湿度を適度に保つことです。寝室には、温湿度計を置いておくと管理しやすいです。
温度は、寝つくまではエアコンの温度を25~26度くらいの低めに設定して、布団に入る前に少し上げます。睡眠中は27~28度が目安となります。
そして湿度も大事、50~60%に保ちましょう。
暑すぎても寒すぎても、快適に眠ることはできません。

エアコンをつけて眠る時

 ・エアコンの風が身体に直接あたらないようにする。
 ・除湿運転で、湿度を快適にする。
 ・扇風機と併用すれば、設定温度は高めでもよい。

扇風機をつけて眠る時

 ・足元に置いて、うちわで仰ぐ程度の微風がよい。
 ・首振り機能を使って寝室の空気を循環させる。
 ・壁や天井のほうに向け、風を間接的にあてる。

このように、エアコンと扇風機やサーキュレーターを上手に使いましょう。
そのほか、吸湿性に優れた布団やシーツ、枕、パジャマなど、寝具を通気のよい涼しいものにして、熱や湿気を逃がすようにしましょう。
窓の外は、すだれや植物のグリーンカーテンで日差しを遮る、窓辺には、遮光カーテンをつけたり植物を置くなど、熱をためず、涼しく過ごせるように工夫してみましょう。

寝苦しい夏の快眠グッズ特集 はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください