コラム」カテゴリーアーカイブ

大麦パワーでぐっすり快眠できる「快眠ぐっすり酵素」セロトアルファを飲むだけで熟睡できる!




脳内伝達物質を活性化!”うつ”サプリ【セロトアルファ】

副作用の心配がある睡眠薬不要でぐっすり眠れる

脳内神経物質をゆっくり増やす

セロトニンやドーパミン、ノルアドレナリンは、睡眠に関係する脳内神経伝達物質ですが、これらは脳の中で作られる生理活性化物質で、人間の活動における積極性や学習能力、食欲、性欲、また睡眠や自律神経の働き、心の安らぎにも大きく関係しています。

最近、増加傾向にある「うつ病」やイライラ、ドキドキ、睡眠障害、また体の冷えや便秘、片頭痛なども、脳内神経伝達物質の不足が一因だと考えられています。そのため、最近の新薬でいえば、たとえば抗うつ薬の「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリンの再取り込み阻害剤)」のように、脳内におけるセロトニン(落ち着き・安定感)とノルアドレナリン(覚醒・注意力・判断力) の量を増やす作用を持つ薬も開発されるようになりました。

こうした薬や睡眠薬に頼ってようやく眠れる人が増えています。しかし薬を常用すると、どんどん身体に耐性がつき、服用量も次第に増えてしまいます。いつの間にかたくさんの薬がなければ眠れなくなってしまいます。また、より作用の強い薬を使わなければ効かなくなってしまいます。
こうなると、睡眠薬に頼ってしまったばかりに依存してしまうケースも多いのです。薬がないと落ち着かない、イライラするといった状態です。

不眠の治療に使われる薬はこちらです。
薬が増量されるようになると、副作用の心配も大きくなります。こういった点から現在とても注目を集めている食品があります。それは、大麦を黒麹で発酵させた「快眠ぐっすり酵素」のセロトアルファです。
実は、この「快眠ぐっすり酵素」を体内に取り入れると、脳内神経伝達物質の働きを正常にする作用が期待でき、睡眠薬に頼っていた人もそこから離脱できると注目されているのです。
常習性がないのであれば安心して飲むことができます。どんなに眠りの効果があっても副作用があるのでは安心して飲むことができません。

セロトアルファの成分

5つの厳選された成分が凝縮されており「幸せ成分」が安眠効果を発揮します。

  1. 大麦発酵酵素
    日本酒を発酵させる際に使われ、大麦を麹で発酵させた物質を体内で効率よく吸収できるよう研究開発を重ね大麦発酵酵素の製品化に成功。
  2. ビフィズス菌
    脳は第2の脳と言われています。善玉菌、悪玉菌をバランスよく機能させることで健康な状態を維持することできます。セロトアルファにはビフィズス菌BB536が含まれ、他のビフィズス菌に比べて酸や酵素に強く、生きたまま腸に到達すること出来ます。
  3. 各種アミノ酸
    最近、話題のアミノ酸の一種であるグリシンをバランス良く配合させています。自律神経の調整に不可欠です。
  4. 焼成カルシウム
    牡蠣の殻を特殊製法で微粉末にした「焼成カルシウム」は長時間にわたり酸化還元作用が確認されています。

成分表

原材料名
発酵大麦エキス末(発酵大麦エキス、デキストリン)、焼成カルシウム、 ビフィズス菌(乳成分を含む)
PMC、加工澱粉、グリシン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、フェルラ酸、パントテン酸カルシウム、着色料(カラメル)、二酸化ケイ素
内容量
34.6g【1粒重量385mg(1粒内容量300mg)×90粒】
保存方法
直射日光を避け、風通しがよく湿気の少ない場所に保管してください
発売元
アイシー製薬株式会社
東京都大田区蒲田5-29-3 酒巻ビル9F
うつ・不眠でお悩みなら。全く新しいサプリ【セロトアルファ】
栄養成分表示
栄養成分表示【3粒(1.15g)あたり】
エネルギー 4.33kcal たんぱく質 0.28g 脂質 0.05g 炭水化物 0.70g ナトリウム 2.47mg(食塩相当量 0.01.g)

500人のモニター調査が証明

「セロトアルファ」には、どんな効果が期待できるのでしょうか。実は、この「セロトアルファ」の開発に当たっては、10年という長い期間を要しており、その間、500名にものぼるモニタリング調査が実施されています。
モニター結果を読まれて「セロトアルファ」の多彩な効果に驚かれる方も多いことと思います。

これはおそらくセロトニンの活性レベルが回復したことによるものと考えられるでしょう。というのも、脳内神経伝達物質のセロトニンは、オーケストラでいえば指揮者に当たる存在で、その作用が活性化すると、その他の脳内神経伝達物質が増えて、脳内機能の健全化がはかられるのです。

そのため、夜はぐっすり眠れて、朝はすっきり目覚められるようになりますし、また、ノルアドレナリン神経のコントロールもうまくいくようになるため、ストレスに対する対処が適切に行われ、イライラやドキドキなども次第に緩和されていきます。

さらに、自律神経にもよい影響を及ぼして、体温調節機能が正常に働き、冷え性の改善にもつながります。では、なぜ「セロトアルファ」で私たちの身体を司る中枢、すなわち脳内環境の改善が見られるのでしょうか。

まず、この「セロトアルファ」の製品開発に先だって、麹菌の発酵物にセロトニンやノルアドレナリンの再取りこみ阻害薬であるSNRIと酷似した阻害活性作用が見出されたという研究成果がありました。

「セロトアルファ」は、この成果を極めるためには、どの麹菌で発酵させればよいか、また、どんな食品だと最もパワーの強い酵素が得られるか地道に研究を重ね、その結果、黒麹で大麦を発酵させて得られる酵素が最も生理活性作用にすぐれていることがつきとめられたのです。

ちなみに、酵素というのは、体内においては細胞の代謝機能を高める上で必須の栄養素で体内に積極的に良質な酵素を取り入れることで、たんばく質など栄養の分解もスムーえに進みますし、身体の細胞は生き生きと代謝活動を行うようになります。細胞の代謝が活発になれば、胃腸や肝臓など、体の各器官も元気に働くようになり、免疫機能の活性化にもつながります。

さらに「セロトアルファ」には、燃焼カルシウムも配合されており、このカルシウムは脳内神経伝達物質の活動に重要であるだけでなく、高い抗酸化作用が認められています。

快眠ぐっすり酵素「セロトアルファ」は↓をクリック



セロトアルファなら副作用の心配がある睡眠薬不要でぐっすり眠れる

セロトアルファによって多彩な健康効果が得られる理由としては、脳内環境の改善に加えて、酵素による細胞の代謝機能の克進、さらに免疫機能の回復と抗酸化作用による相乗効果があるのではないかと考えます。

そして、もう1つ付け加えるならば、セロトアルファによる睡眠の質の向上も見逃せないでしょう。
夜、ぐっすり寝られて、朝、すっきり目覚める、すなわち快眠は、すべての病気、その他の体の不調を癒し、健康を取り戻す土台となるもの。

そのためには、精神の安定にも寄与するセロトニンの活性化が不可欠となります。セロトアルファの画期的なところは、この脳内神経伝達物質の要ともいえるセロトニンの活性作用にすぐれ、薬に頼ることなく、セロトニンが活性化し、正常化の方向に働くことです。夜ぐっすり寝られれば、睡眠薬からの離脱も可能となり、免疫機能もさらに安定。もちろん、疲れも取れて、活力の復活にもつながるでしょう。

「セロトアルファ」の5つ厳選素材が快眠をサポート

  1. 体内から活性化「大麦発酵酵素
    大麦を麹で発酵させた物質を体内で効果的に吸収できるよう研究を重ねた結果、遂に商品化に成功
  2. 酵素がたっぷり「麹カプセル」
    麹にはでんぷん質を消化いて糖分に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を分解するリパーゼの3大消化酵素が含まれます。
  3. 生きたまま大腸に「ビフィズス菌」
    腸は第2の脳と言われ、善玉菌、悪玉菌をバランスよく機能させています。一般にビフィズス菌は酸や酸素に弱いのですが、セロトアルファにはビフィズス菌BB536を配合しており、他のビフィズス菌に比べ酸や酸素に強く、セインの中での生菌数が高く生きたまま腸に到達します。
  4. 万能アミノ酸「グリシン」
    グリシンは注目の成分でサプリメントができるほどです。グリシンをバランス良くカプールセルの中に配合し身体のリズムを整えます。
  5. 酸化防止「焼成カルシウム」
    牡蠣の殻を特殊製法で微粉末にした「焼成カルシウム」は長時間にわたり酸化還元作用が確認されています。老廃物や有害ミネラルを体外に排出し健康な免疫機能、代謝機能を保持します。

500名のモニターの症状改善例

  • 自然に寝付けるようになった
  • 夜中のトイレの回数が減った
  • 夜中トイレに行った後も再び眠れる
  • 朝が快適
  • 睡眠薬が不要に
  • 肌がきれいになった
  • 化粧のノリがよくなった
  • 皮膚病が改善
  • 水虫が治った
  • ひじ、膝の乾燥が治った
  • 通じがよくなった
  • 宿便が解消
  • イライラしなくなた
  • 不安感がなくなった
  • 倦怠感がなくなった
  • 安定剤が不要になった
  • 突然の発汗がなくなった
  • 突然の顔のほてりがなくなった
  • 動悸息切れがなくなった
  • 生理不順が改善
  • 高血圧、高血糖が改善

快眠ぐっすり酵素「セロトアルファ」は↓をクリック



眠りと血液の関係

心臓から出た血液は、動脈を流れ、毛細血管を通じ全身の細胞に「栄養と酸素」を送り、その帰りに「二酸化炭素と老廃物」を回収して静脈へと流れ、心臓へとまた戻ってきます。ですから、どれだけ毛細血管の血流がよく、「酸素・栄養」と「二酸化炭素・老廃物」の物質交換がスムーズにできているかが、健康を測るバロメーターといっても過言ではありません。

ところが、現代人の多くは運動不足、睡眠不足、不規則で偏った食生活、仕事や人間関係のストレスが原因で、血液循環が悪化しているのが現実です。心臓から出発した血管は、動脈を経て毛細血管となり、指先の手前でUターンして静脈へと流れていきます。そこで、指先の爪下の皮膚下の毛細血管を観察すると、健康状態を推測することができます。

正常な毛細血管は、血液が毛細血管まで行きわたりスムーズに流れているため、血管が長くピンと伸びた状態で、キレイなU字カーブを描いています。

一方、不健康な人の毛細血管は、血管がくねくねと蛇行していて、ピンと伸びていません。ホースがからまっていると、勢いよく水が流れませんがそれと同じで、毛細血管が蛇行していると血流循環が低下し、その結果、代謝も悪くなってしまうのです。こういった毛細血管をもつ人は、いわゆる「血管年齢」も高いと判定されます。

質の高い睡眠をとるには、寝る前に副交感神経を優位にすること。つまり、リラックスした状態です。リラックスしたいとき、どうしているでしょうか? お気に入りの音楽を聴いたり、本を読んだり、アロマなどの香りをかいだり、その方法はさまざまでしょう。

ここでは誰でも簡単に、どこでもできるリラックス法をお伝えします。それは、深呼吸を3回することです。「なんだ、深呼吸か」と思う人もいるかもしれませんが、これがバカにできません。深呼吸をすることによって副交感神経が優位になり、毛細血管への血流量が増えます。血流循環がよくなると、筋肉が弛緩して体がリラックスするのです。

腹式呼吸が血圧を安定させ高い血圧を下げる | 血管はもっと若返る

人前で話しをするときなど、緊張しているときに深呼吸をするとリラックスするのは、このような体のメカニズムが働いているからです。就寝前に深呼吸をすると、副交感神経が優位になり、心地よく深い眠りへと入っていくことができるでしょう。深呼吸をするときのポイントは、息を吐く時間を長くすること。長ければ長いほど副交感神経が優位になります。

おへその下あたりを意識して鼻から深く息を吸ってお腹をふくらませていきます。そして、お腹をへこませながら、鼻からゆっくり細長く息を吐きます。これを3回線り返すと、副交感神経が優位になり、体内の酸素も新鮮なものに入れ替わります。

毛細血管の血流をよくするもっとも簡単な方法は「笑うこと」。人は、好きなものに接すると血流がよくなり、嫌いなものに接すると血流が悪くなるという性質をもっています。笑顔になるということは、好きなものに接している証拠で、笑顔のときは血流もよくなります。最近では、笑顔には、次のようなさまざまな効果があると報告されています。

  • 脳を刺激する
  • 免疫力を高める
  • 痛みを抑える
  • ストレス解消
  • 自律神経の働きがよくなる
  • 細胞や血管を若くする

笑顔になれば、人間関係も良好になります。できるだけ笑うことをを心がけることは大切です。友人や家族と楽しい会話をしてもいいですし、好きなテレビ番組を観て爆笑するのもいいでしょう。なかなか笑う機会がないという人は、つくり笑いでもかまいません。不思議なことに、たとえ「つくり笑い」でも、口角をキュツと上げ続けていると、60秒後には血流に変化が表れ、90秒後には血流が早くなるという研究結果もあります。これなら誰でも簡単にできます。

快眠できるナイトキャップ「里いも酒」

「里いも酒」は、以下の作り方をご覧いただければ分かるように、生の「里いも」をホワイトリカーに漬けるだけのとても簡単で、さらに1度にたくさん作り置きすることができます。そして、10年以上ももちます。

時間が経過すればするほど熟成されて大変まろやかな味わいで、数々の薬酒のなかでもとくに口あたりのいいものです。

もちろん、「里いも酒」の優れた点は、作りやすさや保存性、まろやかな味わいだけではありません。そのすばらしい健康効果についても優秀です。

まず「里いも」の特徴と言えばあのネバネバですが、その素となっている成分のひとつに「ガラクタン」があります。そもそも「里いも」は、エネルギー源となる「でんぷん」や、体を作る基本材料の「タンパク質」、ストレス因子を撃退して免疫力をアップし、さらにコラーゲンの生成にも関与している「ビタミンC」、血中のナトリウムを排除して血圧を安定させる「カリウム」、整腸作用のある「食物繊維」をバランスよく含んでいます。
そこにガラクタンが加わることで、血中コレステロールを減少させたり、免疫力をアップさせる効果はさらに高まります。ガラクタンは脳に働きかけることも知られていて、脳細胞の老化を防ぎ、認知症の予防にも役立ちます。

「里いも酒」を眠る前に飲むことで、アルコールの働きも加わって、寝つきをよくしてくれる効果が期待できます。
飲むタイミングでおすすめなのはやっぱり就寝前です。半身浴で十分に体を温めてから、おちょこ1杯分を飲むか、お湯などで少し薄めて飲むと快眠できます。
脳に働くだけでなく、少量のアルコールには消化・吸収を促進させる働きがありますので、血圧やコレステロールを低下させたり免疫力を高めることができます。

お酒が苦手な人は、味噌汁などに入れて火を加えるとアルコールが飛ぶので安心して飲めます。

里芋酒の作り方

材料

  • ホワイトリカー500ml
  • 里芋500g

※ホワイトリカーはアルコール度数35度の甲類焼酎

  1. 皮をむいて洗う
    里芋をよく洗い皮をむいたら2~3等分に切り、30分水につけたら水気をとる
  2. ホワイトリカーにつける
    里芋を保存用の容器に入れたらホワイトリカーを注ぐ
  3. 成分を抽出
    里芋の成分がホワイトリカーに溶け出すのを待つ。1週間で飲めるが、1ヶ月以上おくと成分がよく溶け、熟成がすすみまろやかになる。
  4. 完成
    褐色になったら熟成がすすんだ証拠。寝る前におちょこ1杯分を水などで割って飲む。そのまま常温で保存。ホワイトリカーが減り里芋が空気に触れそうになったら取り出す