あなたの眠りは大丈夫?」カテゴリーアーカイブ

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)が眠りを妨げる

昨日、NHKの「ためしてガッテン」で、眠れない原因のひとつとして、むずむず脚症候群がとりあげられていました。
このむずむず脚症候群、医学的病名では【レストレスレッグス症候群】というらしいですが、管理人の私も実際むずむず脚になったことがあります。
現在では全くこういった症状はありませんが、当時(もう10年以上前のことですが)は、それはそれは本当に苦痛だったことを思い出しました。
私の場合は、夜寝ようとしてベッドに横になると、文字どおり、脚がむずむずして、とにかくじっとしていられない!という感覚でした。
感じ方は人によって様々で、だるいとか、ほてるとか、ピクピクするというような人もいるみたいですね。
もちろん当時は、それがこういった病気であったことは知るよしもなく、ただ脚の不快感がひどかったあの感じは、今でも忘れられません。
何の治療もせずにいつのまにか、このむずむず脚が改善されたことはラッキーだったんだなと思いました。

脳の神経の働きと関係しているそうで、A11(エー・イレブン)という神経細胞を元気にするために必要な栄養素は、「鉄分」ということでした。女性は月経や妊娠などがあり、鉄分不足(鉄欠乏性貧血)にもなりやすいので、患者の数も女性のほうが多いんですね。
また、若い時よりも高齢になるとむずむず脚になりやすいそうですから、ふだんから鉄分摂取や、カフェイン・アルコールなどの刺激物を控えるといった食事が大切です。
そのほか自分でできることでは、就寝前に脚のマッサージやストレッチをして、筋肉のこわばりを取るのもよいそうです。

ドーパミン作動薬の服用でウソのように症状が楽になったという人もいるそうなので、症状が辛く眠れない人は、無理をせずに病院へいきましょう。専門は神経内科や精神科です。

脚がむずむずして眠れない?


脚がむずむずして眠れない?

布団に入っても、なんだか脚がむずむずして動かさずにはいられない、そんな経験はありませんか?
それは、もしかしたらむずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)かもしれません。

むずむず脚は、眠れない病気のひとつとして挙げられます。
あまり知られてはいないようですが、実は結構たくさんの人が悩んでいるという病気なのです。
症状を感じ始めるのは夕方以降から夜が多く、寝るとき以外にも、長い間じっとしているときに症状があらわれることがあります。
病気の名前のとおり、脚がむずむずする、ピリピリする、かきむしりたい、など、太ももやふくらはぎの辺りに虫がはうような不快感を覚えて、じっとしていられずに、寝つきが悪くなります。
原因は十分には解明されていないようですが、脳の伝達物質のひとつであるドーパミンの機能障害や、鉄分不足が考えられています。また、慢性腎不全、糖尿病、関節リウマチなどの病気を持っている場合も、むずむず脚症候群の原因になります。
パーキンソン病の治療薬を用いると、症状が改善することがわかってきたそうです。

自分でできる対策としては、まずは生活習慣を改善することです。
カフェインやアルコールのとりすぎに注意し、喫煙は症状を悪化させるので、たばこを吸う人は禁煙したほうがよいでしょう。
食事では、レバーや赤身の肉や魚などで、できるだけ鉄分を摂取しましょう。

眠れないからと睡眠薬を服用すると、頭はぼんやりしてきて眠いのに脚がむずむずで眠れなくて、かえって辛くなってしまいます。
思いあたる人は、ガマンしないで早めに専門医を受診するとよいでしょう。

むずむず脚症候群(レストレスレッグス症候群)が眠りを妨げる



快眠を妨げる睡眠時無呼吸症候群について

『睡眠時無呼吸症候群』、この言葉を耳にしたことがある人は多いでしょう。
それでは、睡眠時無呼吸症候群とは、どんな病気なのでしょうか?
それは文字通り、睡眠中に一時的に無呼吸状態になってしまう病気です。10秒以上呼吸停止の状態になり、この無呼吸が、1時間に5回以上または7時間ほどの睡眠中に30回以上おこると、睡眠時無呼吸症候群だといえます。
呼吸が停止するというと、もしかしたら死んでしまうのでは? と不安になるかもしれませんが、この無呼吸自体で死んでしまうことはありません。ただし、身体に負荷がかかるので、高血圧や心疾患などを引き起こしてしまうことがあります。
また、十分に睡眠がとれないために昼間の集中力や活力に欠け、居眠りをしがちになることもありますので、注意しましょう。

特徴的な症状は激しいいびきをかくことです。いびきが止まった時は呼吸が止まっていて、またいびきをかき始めます。呼吸が止まるたびに酸欠になるので、脳はこの状態を抜け出そうと覚醒するのですが、本人には目覚めた意識はありません。しかし、ぐっすり眠れていないために、日中ウトウトと居眠りをしてしまいます。

太った男性に多い病気だと思われていますが、更年期以降の女性や、若い人でもアゴが小さい場合には注意が必要です。アゴが小さくても舌の大きさは変わらないそうなので、気道が狭くなります。

睡眠時無呼吸症候群は心身に影響を及ぼしますが、ただの疲れだと思ってしまう人も少なくありません。気になる症状がある場合には、次の項目をチェックしてみましょう。

  • 肥満気味である
  • アゴが小さく首が太くて短い
  • いびきを指摘される
  • 寝相が悪く寝汗をかく
  • 夜中に何度もトイレに起きる
  • 起きた時に頭が痛い
  • 熟睡感がない
  • 日中の眠気が強い
  • 集中力や記憶力の低下を感じる

あてはまる項目が多いほど、睡眠時無呼吸症候群の可能性が高くなります。
しかし、これらは、生活環境を見直したり、マウスピースやいびき防止クリップなどの効果的な対策グッズを使用することで改善できることもあります。
心配な人は、早めに、耳鼻咽喉科、呼吸器内科など専門医の診察を受けましょう。
睡眠時無呼吸症候群のさらに詳しい症状、原因についてはこちらです