あなたの眠りは大丈夫?」カテゴリーアーカイブ

快眠できない人の睡眠の癖や状態

布団に入っても眠れないから「寝なきゃ」と思うと、気持ちばかり焦って余計に眠れない・・・そんな人は、自分の睡眠の癖や状態を知って、よい眠りに近づきましょう。

寝始めはうとうと、やがて深い眠りへ。それから朝に向かって眠りはだんだん浅くなり、自然に目覚めへと導いてくれるのが、質のよい睡眠といえます。眠れずに悩んでいる人は質のよい睡眠を得るために、どの段階で睡眠の質が落ちているのか、その原因を知りましょう。

寝つきが悪い → 〔原因はあなたの生活にあるかも?〕

なかなか眠りにつけないと目が冴えてしまい、さらに眠れない、という悪循環に陥ってしまう入眠障害。寝る直前までテレビを見ていたり、パソコンや携帯メールをしていたりすると、脳が休息モードにならずに寝つけないことがあります。また、コーヒーや紅茶など、カフェインを多く含んだものを寝る前に飲むことも、眠りの妨げの原因となります。

夜中に何度も起きてしまう → 〔不安感やアルコールが眠りの妨げになっている〕

睡眠中に何度も目が覚めてしまい、再び寝るのに時間がかかる中途覚醒タイプ。ストレスによって不安があると、不安感から眠りが浅くなってしまうこともありますので、ストレスを解消することを心がけましょう。また、お酒が好きな人は夜寝る前に飲んで睡眠中にトイレに行きたくなることが多くなるので、それが原因でしょう。

早朝に目覚めてしまう → 〔行動開始時間を遅らせ生活リズムを整える〕

早朝に目が覚め、その後はうとうとするだけで眠れない早朝覚醒タイプ。これは、加齢やストレスが原因と考えられます。目が覚めて眠れなくなってしまったら、例えば布団の中で本を読んだりして行動開始時間を遅くして、生活のリズムを整えるのもひとつの方法です。ただ、物事に興味がなくなるなどの場合はうつ症状の可能性もあるので、専門医に相談しましょう。

寝た気がしない → 〔睡眠時間の確保に努力をする〕

よく眠れたという満足感がなく、目覚めた時に疲労感すら覚えて日中に眠くなってしまうタイプ。
中途覚醒や早朝覚醒によって眠りが妨げられたりして、睡眠不足であることが多いのです。
こういう人は、短い時間でいいので日中に仮眠をとるなど、意識的に睡眠時間を確保するようにしましょう。
昼寝、仮眠でリフレッシュする

昼間眠くて仕方がない → 〔睡眠は足りているのに急に眠くなる人は注意する!〕

睡眠不足ではないのに昼間眠くて仕方ない、仕事中に発作的に眠くなってしまうなどの場合は、睡眠障害の可能性もあります。ただ、このような症状があっても睡眠不足や不規則な生活、不眠症なども眠気の原因として考えられますので、まずは規則的な生活を心がけましょう。それでも改善しないようであれば、専門医に相談しましょう。

夜眠れない病気

夜になっても眠くならずに眠れない病気があります。それはどんな病気で、どんな人に多いのでしょうか?

睡眠相後退症候群

コンビニエンス・ストアやインターネット・カフェをはじめとした24時間営業している店などが増え、深夜でも起きている人が多いのが現状です。そしてその結果、若い人を中心に睡眠相後退症候群(すいみんそうこうたいしょうこうぐん)の人が増えています。

人間には本来、明るくなったら目覚め、暗くなったら眠るリズムが備わっていて、それをコントロールしているのが体内時計です。体内時計を正しくセットするためには、光(太陽光)がとても重要です。深夜でも明るい環境にいると寝つきが悪くなるのは当然なのです。

睡眠相後退症候群の人は、夜眠れないことよりも、朝起きられないために社会に適応できないことが問題となります。明け方にならないと眠れないため、朝がきても起きられず昼近くまで寝てしまうのです。ただ、寝つく時刻は遅いのですが、一度寝つくとぐっすり眠ることができます。睡眠時間は長めのことが多いようです。こういった状態が何ヶ月~何年も続き、普通の社会生活を送るには不都合が生じることになります。

残念ながら、睡眠の時間帯を自分の努力で早めることは、ほとんど不可能だといわれています。無理やり早い時刻に起きると、眠気のほかに、集中力が欠けたり、疲れやすかったり、食欲がでなかったり、頭痛がすることもあります。でも、これらの症状は午前中だけのことが多く、夕方近くなると調子が出てきます。朝の体調不良が続いた場合には、気持ちが落ち込んだり、やる気がなくなるなど、うつ状態になることもあるのです。

この病気になる原因は、体内時計を調整する働きが上手くいかなかったり、体内時計そのものが壊れていることなどが考えられます。それに、この病気の人は睡眠時間が長いことが多くて、体内時計をリセットする朝の時間帯に光を浴びられないことも、睡眠の時間帯が遅れたままになってしまう原因のひとつとされています。

睡眠のリズムを整えるには

  • 朝起きたら太陽の光を浴びる
  • 朝食をしっかり摂る
  • 日中は屋外で体を動かす
  • 食事は就寝の3時間前までに済ます
  • 就寝前のケータイやテレビは避ける

なかでも一番大切なのは、朝日をおもいきり浴びることです。目から入った強い光が体内時計に作用し、生体のリズムを整える働きがあります。あとは、生活習慣を改善したり、睡眠環境を整えることも大事です。

昼間眠くなる病気

睡眠は、身体と脳の疲れをとって翌日も元気に過ごすための、毎日の大切な時間です。それなのに、ぐっすり眠れた気がしなかったり、昼間眠くなってしまうのは、よい睡眠がとれていないのかもしれません。特に、女性は家事にも仕事にも忙しかったりで慢性的な睡眠不足になっている場合があるようです。そうなると、日中の生活に支障がでることもあります。

月経前や月経中の眠気

女性は、月経前や月経中には眠気が強くなることを感じている人も多いでしょう。妊娠中に強い眠気がある人が多いことからも、睡眠には女性ホルモンが影響しているのではないかと考えられています。
女性の卵巣から分泌される女性ホルモンには2種類あり、月経前の黄体期と妊娠中には『プロゲステロン』の分泌が増え、月経後の卵胞期から排卵期には『エストロゲン』の分泌が増えます。深い眠りにつくには体温が下がらなければなりませんが、プロゲステロンには体温を上げる作用があるので夜の眠りが浅くなり、昼間眠気におそわれるようです。
月経の周期に関する眠気はだいたい時期が予測できるでしょうから、その間はできるだけ睡眠時間を確保したいものです。

睡眠不足症候群

「寝付きはよい、夜中に目が覚めることはない、でも、昼間眠くてしょうがない。」こんな人は、もしかしたら睡眠不足症候群(すいみんぶそくしょうこうぐん)かもしれません。
この睡眠不足症候群とは、30代くらいの女性に多い睡眠の病気です。毎日の睡眠が足りていないため日中に眠くなり、集中力が低下してしまいます。また、気分がイライラするといった症状などがあり、これらが3ヶ月以上継続している状態です。たかが睡眠不足と思うかもしれませんが、国際的にも認められている病気なのです。特に家事や育児に時間をとられ仕事も頑張る女性の場合、床につく時間が遅くなってしまっても翌日の朝はまた早起きしなければならず、睡眠時間が削られることになります。平日は睡眠時間が短めで、休日は長いというのが典型的なパターンです。休日に平日より2時間以上多く睡眠時間をとっているようなら慢性的な睡眠不足でしょう。
睡眠がじゅうぶんにとれていなければ昼間に眠くなるのは当然ですが、睡眠不足症候群の人は自分が睡眠不足だということに気がついていないようです。日中の眠気が睡眠不足によるものかということは、睡眠日誌をつけてみるとわかります。

ほかには、睡眠時無呼吸症候群という病気があります。大きくて不規則な「いびき」をかき、空気の通り道の気道が塞がれて、一時的に呼吸が止まる病気です。しっかり眠っているようでも熟睡できていないので、日中に強い眠気におそわれます。