寝つきを良くするストレッチと冷えを解消するストレッチ

疲れているのに寝つきが悪いということがあると思いますが、そんな時のための、寝つきを良くするストレッチ体操を紹介します。
がんばって無理に眠ろうとしないで、ゆっくりと呼吸をしながら、身体を動かしてみましょう。
ストレッチでこわばった筋肉や関節を緩めることで、いつのまにか緊張感をとりのぞきリラックス、眠りにつきやすくします。
身体に痛みを感じるときは、無理しないで気持ちよく動ける範囲で行いましょう。

寝つきを良くするためのストレッチ

内臓に血液を集める体操

  1. 仰向けに床に寝て、両手と両足を天井に向けて上げる。
  2. 身体の力を抜き、手足を前後にゆらゆらと動かす。目安は1~2分。

※激しくではなく、リラックスしながら動かすのがポイントです。

ひざ、腰、背中のこわばりをとる体操

  1. うつ伏せに寝て、両手をあごの下に置き、両ひざを直角になるように曲げる。
  2. ひざを直角に保ったままで、左右へ交互に倒す。目安は左右各10回ずつ。

※ひざを倒すときはゆっくり息を吐きながら、戻すときに息を吸うのがポイントです。

緊張を緩める呼吸法

  1. 仰向けに寝て両ひざを立て、両手をおへその上に重ねて置く。
  2. 鼻から息を吸いながらお腹をふくらませ、口から吐きながらへこませる。

※口から息を吐くときは、細く長く吐くのがポイントです。自分でリラックスできたと思うまでやってみましょう。

ストレッチでリラックス

冷えを解消するためのストレッチ

冷えは、体の中の血液の流れが悪くなることで起こり、手足が冷たくなるだけでなく、内臓の働きまで低下してしまいます。それが、「こり」や体調不良につながっていきます。
気温の低い冬はもちろん、夏になれば屋内のクーラーで冷えてしまいます。
そして、手足が冷えるとよく眠れないですよね。そんな時は、簡単なストレッチをして血液の流れを良くしましょう。
末端を動かすこと、全身の血流を良くすることで、体を温め冷えを解消したら、布団に入って快眠が待っているでしょう。

〔指をそらす〕・・・ちょっとした時間にできる指のストレッチ

  1. 片手の手のひらを上に向け、反対の手で、親指をつかむようにしっかり握る。
  2. ゆっくりと指の付け根からそらせる。
  3. 同じように、他の指も1本ずつ順番にそらせていく。
  4. 目安として、各指10~20秒キープする。

〔バンザイしてひざを抱える〕・・・全身を動かし温めるストレッチ

  1. 足を少し開いて立ち、息を吐きながら大きく両手を広げ、バンザイをする。
  2. 片足を上げ、息を吐きながら両手で胸に抱えて、5秒キープする。
  3. 1、2を左右5回ずつ繰り返す。

〔ゆっくり体をひねる〕・・・内臓の冷えを解消するストレッチ

  1. イスに座り、右手で左足にゆっくりタッチする。左手は天井の方へ上げる。
  2. 次は左手で右足にタッチし、右手をあげる。ゆっくり呼吸しながら交互に行う。
  3. 手を上げて5秒キープ、無理しない程度に左右5回ずつ繰り返す。

冷え性の人の味方、一年中使える足元あったか快眠グッズ(一覧) はこちら!
足元をあたためると、からだ全体があたたかくなります。下半身をできるだけあたためるようにするのがポイントです。

快眠のためのストレッチ体操(一覧)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください