二度寝について

二度寝は睡眠のリズムを乱

一度起きたけれど睡魔に勝てずに再び眠りにおちてしまう「二度寝」。
よく二度寝をしている、という人は注意が必要です。
それは、睡眠不足を補おうとしているのに、同時に体内時計が狂ってしまうからです。
その結果、夜よく眠れなくなったり、睡眠のリズムが乱れて一日中ボーッとして過ごしてしまったり、疲労を感じたりと、身体にとって良くありません。
起床する前、身体は目覚めるための体勢をつくり始めますが、そこで二度寝をしてしまうと、身体が起きるタイミングを見失ってしまうようです。
快適に目覚めるためにも、なるべく二度寝はしないほうがいいですね。

This entry was posted in 睡眠をもっと知ろう.