眠っている間に元気を取り戻す

夜ぐっすり眠れると身体と心にいい

快適な眠りを得られると、からだも心も元気になるのです!

記憶力がアップ

覚えた記憶をとどめるのも睡眠の力です。
今日や過去に起こった出来事などを思い出として整理しています。眠っている間に、いろいろな情報を整理して、記憶を定着させているんです。

疲労が回復

睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があります。ノンレム睡眠の時は脳の疲労を回復、レム睡眠の時は身体の疲労を回復しています。
また眠ることで成長ホルモンが分泌されますが、その主な働きは、身体の免疫力を高め病気やケガ、疲労を回復させることです。

ストレスに強くなる

私たちがストレスを受けた時、その軽減につながるのは、徐々に客観性が生まれ気持ちを整理することができるからです。
さらには、余計な事を忘れることでストレスを減らすために重要な、忘却機能も発揮します。
熟睡することで身体が楽になると、ストレスも受けにくくなるのです。

太りにくい体質に

睡眠不足と肥満は大きく関係します。睡眠が足りていると、食欲をつかさどるホルモンと食欲を促すホルモンのバランスがとれて、ドカ食いすることが少なくなり、太りにくい体質になります。

肌が元気になる

新陳代謝が活発になり、細胞の修復を促すのも睡眠の大きな力です。
肌や髪は、毎日少しずつ新しい細胞に入れ替わりますが、再生を促すのは睡眠中に分泌される成長ホルモンのおかげなのです。
睡眠不足だとメイクのノリが悪いのは、肌の細胞が入れ替わってちゃんと修復されていないからなんですね。

 → 眠らないとどうなる? 睡眠の目的 はコチラ。

This entry was posted in 睡眠をもっと知ろう.