睡眠中も体の中は活動している

睡眠中におきている大切な働き

睡眠をとっている間も私たちの体は活動しています。
細胞や組織の修復にかかわるたんぱく質の合成は、日中よりも眠っている時の方が、盛んになります。

脳・・・眠っている間に記憶が定着する

日中に取り込んだ情報の整理や取捨選択、それと記憶の定着は、睡眠中に行われています。
しっかり覚えたいことがある場合は、徹夜するよりもいったん眠ったほうが効果があるでしょう。

ホルモン・・・成長ホルモンが集中的に分泌される

深い眠りにおちると、成長ホルモンが大量に分泌されて、細胞の修復を活性化させます。
また、眠りの後半(朝方)になると、コルチゾールというホルモンが増えてきて、ストレスに対する抵抗力や免疫力などが強化され、翌日の活動の備えとなります。

心・・・感情を安定させる前頭葉の機能をサポートする

脳の前頭葉には感情を安定させる機能がありますが、これが低下すると感情をうまくコントロールすることが難しくなって、不安になりやすくストレスにも弱くなってしまいます。
十分な睡眠は脳を休め、この機能をサポートします。

肌・・・傷ついた細胞を修復する

たんぱく質の合成や新陳代謝を促進する成長ホルモンが集中的に分泌され、細胞や組織を修復します。
細胞分裂や活性酸素によって傷ついてしまった皮膚の細胞もケアされて再生されます。
ぐっすり眠った翌朝に肌の調子がいいと感じるのは、このためですね。

腸・・・翌朝の便をつくる

便は、おもに夜につくられます。食べ物が消化吸収された後、残りカスは眠っている間に大腸へ送られ、翌朝の排便につながります。
これがスムーズにいくためには、最低寝る3時間前は食事をしないことが大事です。

This entry was posted in 睡眠をもっと知ろう.