人はなぜ眠るのか?

夜は、たいていの人が毎日あたりまえのように眠っていると思いますが、人が眠る理由を考えたことはありますか?
人はなぜ眠るのでしょうか?
そして、眠らないとどうなるのでしょうか?

人が毎日眠る理由

みなさんは、1日どれくらいの睡眠時間をとっていますか?
私たちの人生の4分の1から3分の1くらいは、眠っている時間です。
人それぞれ長さの違いはあるでしょうが、眠りの時間は、どんな人にも欠かせないものです。
それでは、私たちにとって眠ることはどうして必要なのでしょうか。

睡眠中の体は、ただ休んでいるだけではなく、体を守るために大切な働きをしているのです。
脳を休ませたり、全身の代謝を下げエネルギーを節約する、また、昼間の活動で壊れた細胞を修復したり、体の免疫力をアップさせたりします。
 

睡眠は明日への準備の時間

仕事や遊び、食事など、日常の生活の中で、脳と体は一生懸命働いています。
睡眠は、そんな疲れた脳と体を休ませて、新たな1日をスタートさせるためのメンテナンスの時間なのです。
まさに、今日の眠りは明日への備え、なんですね。
 

睡眠不足で起こる不調

睡眠時間が足りなくなると、体と心が回復しきれずに、様々な支障をきたし、不調が現れます。
肥満、便秘、肌のトラブル、うつ、免疫力のダウン、学習能力の低下などにも、睡眠不足がかかわっている可能性が高いと考えられています。

This entry was posted in 睡眠をもっと知ろう.