ふたつのハーブで睡眠の質が高まる

眠りを深め熟睡感を得られるバレリアンと、このバレリアンとの相乗効果で眠りの質を高めるホップについて。
バレリアンは、精神や神経を鎮め、眠りを深める植物として古くから用いられている、ヨーロッパ原産のハーブ。
日本では、西洋カノコソウといわれています。
睡眠時間が短くても熟睡感がある、寝つきが良くなる、などといった睡眠の質を高める効果が、専門家の研究や臨床試験で実証されているそうです。
ビールの苦味成分であるホップには、全身の筋肉の緊張をほぐす働きがあります。
このほかにも神経鎮静作用やリラックス作用があって、不眠の悩みに役立つハーブとして、こちらも古くから愛用されています。
このホップをバレリアンと組み合わせることにより、さらに効果がアップするのです。
ふたつのハーブの相乗作用で睡眠の質が高まる=快眠に繋がります。
おやすみ前のバスタイムにおすすめ!

ホップ&バレリアンの香りの芳香入浴剤、クナイプ社「グーテナハト バスソルト」は、ドイツ・クナイプ社の、ハーブの精油と岩塩を精製した天然の塩から生まれたバスソルトです。
おやすみ前のバスタイムにぴったりだと好評の快眠グッズ。

This entry was posted in 睡眠をもっと知ろう.