快眠を得るポイント

布団に入ったらスーッと眠りについて、朝までぐっすり。
そんな快眠のポイントには、体温と自律神経、それから、もうひとつ、睡眠物質というものがあります。睡眠中に限らず、1日を通してこれらがどう変化するかが重要となります。
夜、快眠できるかどうかは昼間から準備されているんですね。

大切なのは、まず体温と自律神経のリズムです。
体温については、眠りにつくときに、手足がポカポカと温かくなるのを感じることがあると思いますが、これは、手や足の表面から熱を放出することによって、体の深部の温度を下げているためです。体温が下がることにより、私たちは眠ることができるのです。
こうして入眠時に低下した体温は、明け方ごろに最も低くなり、その後徐々に上昇していって、夕方くらいに最も高くなります。
この体温の高低差が大きく、入眠時の体温の低下が急なほど、快眠しやすいといわれています。

自律神経は、昼間は交感神経が優位にたって活動的になり、夜は反対に副交感神経が優位にたってリラックスモードになります。
この交感神経から副交感神経への切り替わりがスムーズなほど、快眠できるということです。
そして、体温と自律神経のリズムの変化がなだらかではなく、メリハリがあるほうが快眠を導くのに理想的で、睡眠物質にも良い影響を及ぼすのです。

睡眠物質とは、文字通り睡眠を促進する物質のことです。
起きている時間が長いとだんだん眠くなってくるのは、体内に睡眠を促進する物質がたまってくるからです。
この睡眠物質には、メラトニンという眠りを誘導する作用があるものや、体温を下げる作用があるものなど、たくさんの種類があるそうです。
メラトニンは、鎮静作用のある脳内物質のセロトニンを材料にして、夕方から夜にかけて一気につくられ、睡眠の準備が整えられます。

体温と自律神経のリズムと睡眠物質、これらの相乗効果が、快眠につながるんですね。
日中の活動で自律神経を整え睡眠物質をためる

This entry was posted in 睡眠をもっと知ろう.