美肌は夜つくられる~しっかり睡眠をとってキレイになろう

美肌の素となる成長ホルモンは、寝ついてからすぐの熟睡期(ノンレム睡眠時)に、まとめて分泌されます。
しかし、夜更かしをして睡眠を十分にとれなかったり眠りが浅かったりすると、この成長ホルモンがあまり分泌されません。
すると、皮膚の表皮細胞が十分に再生しないために、肌がカサカサに荒れてしまうのです。

成長ホルモンは、子供にとっては骨や筋肉をつくり、増強するためのホルモンです。
そして大人にとっては、疲労回復と、細胞組織の分裂・成長・増殖を促すホルモンです。
ケガをして皮膚に傷ができても時間が経つと傷口が自然に治っていくのは、このホルモンのおかげなのです。
代謝にも影響を与え、脂肪の分解やたんぱく質の合成を促進したり、糖質、水分、ミネラルなど様々な代謝を調節しながら、身体の恒常性を保つのをサポートしています。

この重要な成長ホルモンが最も良く分泌するのが夜10時~深夜2時ごろです。
眠りについて最初の、深いノンレム睡眠をしっかりとることができると、その後2時間くらいの間にまとめて分泌されるのです。
つまり、成長ホルモンをたくさん分泌するためには、夜12時までにはベッドに入ることと、すぐに寝つけるかどうかが大切なカギとなります。

そして成長ホルモンが不足すると、肌あれだけでなく、体脂肪が増えて太りやすくもなります。
また、筋力が落ちて疲れやすくなり、手足も冷えたりします。
しっかり睡眠をとることで、お肌がキレイになるだけでなく、スタイルが良く健康でいられるんですね。美肌と健康でいつも美しくいられるように、睡眠はしっかりとりましょう。

美肌をつくるために重要な睡眠をサポートしてくれるCDはこちら→ 快眠~美肌 (ヒーリングCD)

This entry was posted in あなたの眠りは大丈夫?.