ナイトミルク「ネムー」睡眠を促すホットミルク

牛乳は皆さんご存じのようにカルシウムが豊富ですが、睡眠を促すメラトニンも含んでいます。
メラトニンは、体温や血圧を低下させたり、体内時計の調節作用があって「睡眠ホルモン」ともいわれています。
特に、夜間のメラトニンの分泌量が多いときに搾乳された牛乳「ナイトミルク」には、昼間に搾乳されたものと比べると、3~4倍も多くのメラトニンが含まれているそうです。

冷たい牛乳だと胃を刺激してしまうので、眠りにつく前には、人肌に温めたホットミルクがおすすめです。
ホットミルクで体も心もあったかくなって、良い眠りを。

生活リズムの乱れた現代人に、ナイトミルク「ネムー」。 リラックスして、睡眠をサポート。
夜搾りのミルクでつくったネムーは、眠れない夜に心温まるおやすみミルクです。

▼ ナイトミルク「ネムー」 の詳細、購入は…
※ ネムー は販売が終了しました。

ホットミルクと一緒にとると良い食べ物

〔ハチミツ〕
甘味としてホットミルクにハチミツをプラスすると、より安眠の効果がアップします。
天然のハチミツには殺菌作用もあるので、のどの炎症をしずめたり、風邪の予防にもなります。

〔バナナ〕
睡眠効果のあるトリプトファン(必須アミノ酸)が豊富に含まれているバナナを一緒に食べると、相乗効果が期待できます。
必須アミノ酸とは、体の中でつくられないので、必ず食物から摂らなければならないアミノ酸のことです。
このトリプトファンは、睡眠導入作用のあるセロトニンの成分となるものですが、セロトニンを合成する時には、ビタミンB6やマグネシウムも必要になります。

This entry was posted in おやすみ前の飲み物.