原因を取り除いて不眠から脱出しよう

夜更かしや食生活などのライフスタイルに問題があったり、腰痛、高血圧、動脈硬化などによる身体へのストレス、騒音、におい、暑さといった環境による問題も、不眠の原因になっていることがあります。
不眠症の人は、自分が無意識にやっている生活習慣が不眠と関係しているものかどうか、もう一度見直してみましょう。
また、不眠の原因のもうひとつは、神経性のもの。そして、その大半はストレスによるものです。ストレスは、交感神経を緊張させ、意識を覚醒させるからです。
たとえば、〔明日、重大な報告をしなければならない〕というときに、プレッシャーを感じて、不安になり眠れなくなるのは、誰にでもあることです。
これは一過性のもので、その時が過ぎれば終わります。しかし、過去の失敗などにこだわっている場合、その過去がつきまといますから、持続性を持ちます。
どんな生活習慣が不眠をもたらすのか、精神をリラックスさせるにはどうしたらよいのか。
不眠の原因をつきとめ、取り除くことが、眠れない夜にサヨナラして、快適な眠りを得るための近道なのです。

This entry was posted in 眠れないときには....