眠れない時は無理に眠ろうと考えない

眠れない時に一人でそのことを悩んでいると、どんどん気持ちが焦ってきてしまいます。
気にすればするほど、眠ろうと努力すればするほど逆に脳が覚醒してしまって、さらに眠れなくなります。
このような状態から抜け出すためには、無理に眠ろうとしないことがいちばんです。
また今夜も眠れないんじゃないか・・・という不安から、不眠症の人は神経を病んでしまうこともあります。
眠れない原因はいろいろ考えられますが、大きな病気が後ろに隠れている場合があるかもしれないので、心配な人は医師の診察を受けてみましょう。
そして、大きな病気がない場合には、眠らなくちゃ・・・という、脅迫感から脱出しなければなりません。
からだは疲れているから眠れるはずなのに、と思っても目が冴えてしまうこともあるでしょう。そんな時は、脳が緊張した状態なのです。
対策として、リラックスを心がけ、そのうちに眠くなると気楽に考えましょう。
眠くなったら眠ればいい、というように開き直り、気持ちをゆったり持つことも大切です。
眠れない時には、例えば、編み物やぬり絵、アイロンがけ、靴みがきなど、単調な事をするのもいいでしょう。
  睡眠障害の分類 はこちら。

This entry was posted in 眠れないときには....