疲れをため込まない習慣をつける

私たちの身体は、年齢を重ねるとともに、肉体的な疲労よりも精神的な疲労のほうが割合を多く占めるようになるそうです。
年を重ね中高年になると、肉体的な疲労でさえ一晩の睡眠だけでは回復しにくくなるのに、精神的な疲労が強いと疲労感が慢性的になってしまうこともあります。
そうすると人は、注意力が落ちたり、動作が鈍くなったりもします。
ストレスなど根本的な原因を取り除けるよう、自分に合ったリラックス法睡眠を心がけ、日頃から疲れをため込まないような工夫をしたり、習慣を身につけましょう。
疲労回復のためにと眠りすぎると、かえって疲れを増すことになってしまいます。
年齢やその人のライフスタイルによっても睡眠時間はかわってきますので、やはり自分に合った生活リズムを見つけて調整できるといいですね。
たとえば、半身浴でぬるめのお風呂にゆっくり入る・足湯につかるのは、自宅でも気軽にできるリラックス方法のひとつです。
それから、気分転換にもなるお散歩や軽い運動、ストレッチは、筋肉をほぐして血のめぐりを良くするだけでなく、ストレス解消にもピッタリです。
 睡眠は年齢とともに変化する なども参考になります。

This entry was posted in 眠れないときには....