あなたは朝型?それとも夜型?

快眠を得るには、どの時間帯に寝るのかも重要なポイントになります。
日中の活動にも影響しますので、自分の生活リズムが朝型なのか夜型なのか、睡眠の特徴を知ることが大切です。
朝型生活と夜型生活、人の生活のリズムは、朝型と夜型の2タイプに分かれます。
そしてこれは、睡眠の質に影響します。
◇ 朝型の人は…
・朝の目覚めがスッキリ爽快!
・午前中から頭が回転し、仕事もテキパキ。
・細かい事にはあまりこだわらない。
・早い時間に眠くなるから夜更かしは苦手。
「夜になれば眠くなり、朝になれば目覚める」というリズムは、毎日繰り返される体内時計によるものです。これに合わせた生活が朝型生活で、体温を調整し、ホルモンのバランスを整えて不調を改善の方向へと導きます。
毎朝、太陽の光を浴びることで朝だと認識し、同時にメラトニンという休息ホルモンの分泌が止まることで、目覚めがよく、午前中から元気に動けるのです。
◇ 夜型の人は…
・朝起きるのが苦手
・午後からエンジンがスタート。
・行動する前に考えるほう。
・夜になると仕事も遊びも絶好調!
目覚めるまでに体温が徐々に上がる朝型の人に比べて、夜型の人は起きてから体温が上がっていきます。この体温が上がる時間帯が遅いために、午前中は集中力に欠けたり、なかなかエンジンがかかりません。
その分、夜は調子が出てくるけれど、就寝時間も遅くなるという悪循環に陥るのです。

This entry was posted in あなたの眠りは大丈夫?.