目の疲れをホットタオルで緩和

目の疲れに、目薬を頻繁にさす人もいると思いますが、使い過ぎには注意しましょう。
目の疲れや充血を効能として市販されている目薬には、それらのほとんどに、血管収縮成分の塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリンなどが入っています。
しかし、これらの成分には、常用し過ぎるとかえってひどく目が充血してしまうという副作用もあるのです。
また、目薬に含まれる防腐剤にも注意が必要です。
できれば、目薬は眼科の医師に相談したうえで、自分の症状に合ったものを使いたいですね。
点眼の回数や使用期間もきちんと守りましょう。
そして、疲れ目を解消するのによい方法がもうひとつあります。
それは、目のまわりの血行を良くすることです。そのために、ホットタオルを使用します。
目のまわりの血行が良くなると目の疲れがやわらぎ、快眠できるようになります。
タオルを温かいお湯に浸して、かたくしっかり絞ります。それを、閉じた目の上に置くと疲れだけではなく、目の乾燥も改善されるのです。
あったかくて気持ちいいので、ぜひ試してみてください。
 仮眠におすすめのアイマスク、心地よい重さで疲れ目を癒すアイピローはコチラ→ アイマスク・アイピロー(快眠・安眠グッズ)一覧

This entry was posted in 眠るまでの過ごし方.