目を優しくいたわって目の疲れを緩和する

快眠のために目を優しくいたわる

家に帰ったら、いつもなんとなくテレビをつけるという人、けっこういるかもしれません。
テレビの動く画面を目で追っていると、自然と目に負担がかかります。たまには、目をいたわってテレビの電源オフの日をつくってみましょう。そんな時には、気になっていた本を読んだり、普段聴かない音楽を聴いてみたりするのもいいかも。
目に優しいことをして、1日中酷使して疲れた目をいたわり癒して快眠しましょう。

照明を暗くすることで、身体は眠る体勢を整えやすくなります。
眠る前には部屋の電気を消したり、明るさを落としたりして、代わりにキャンドルを灯してみるのもおすすめです。
静かに揺れる炎はロマンチックだし、アロマキャンドルを使えば香りで気分もリラックスします。Parks(パークス)のフレグランスキャンドルは、アロマテラピーの本場イギリスの、オーガニック100%のちょっとリッチなキャンドル。自分へのご褒美としても、プレゼントにもおすすめです。

睡眠と目の疲労回復をサポートしてくれる、アイマスクやアイピローなどを使ってみるのもいいですよ。最近はデザインがかわいいものがたくさんあるし、香りつきのものもあります。いい香りがプラスされれば、さらにリラックスできるでしょう。
仮眠におすすめのアイマスク、心地よい重さで疲れ目を癒すアイピローはこちら
アイマスク・アイピロー(快眠・安眠グッズ)一覧

目の疲れをホットタオルで緩和

疲れ目を解消するのによい方法があります。それは、目のまわりの血行を良くすることです。そのために、ホットタオルを使用します。
目のまわりの血行が良くなると目の疲れがやわらぎ、快眠しやすくなります。
タオルを温かいお湯に浸して、かたくしっかり絞ります。それを、閉じた目の上に置くと疲れだけではなく、目の乾燥も改善されるのです。
あったかくて気持ちいいので、ぜひ試してみてください。

目薬は正しく使う

目の疲れに、目薬を頻繁にさす人もいると思いますが、使い過ぎには注意しましょう。
目の疲れや充血を効能として市販されている目薬には、それらのほとんどに、血管収縮成分の塩酸ナファゾリン、塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸フェニレフリンなどが入っています。
しかし、これらの成分には、常用し過ぎるとかえってひどく目が充血してしまうという副作用もあるのです。また、目薬に含まれる防腐剤にも注意が必要です。できれば、目薬は眼科の医師に相談したうえで、自分の症状に合ったものを使いたいですね。点眼の回数や使用期間もきちんと守りましょう。

眠るまでの過ごし方(一覧)はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください