目を優しくいたわる

家に帰ったら、いつもなんとなくテレビをつけるという人、けっこういるかもしれません。
テレビの動く画面を目で追っていると、自然と目に負担がかかります。
たまには、目をいたわってテレビの電源オフの日をつくってみましょう。
そんな時には、気になっていた本を読んだり、普段聴かない音楽を聴いてみたりするのもいいかも。
目に優しいことをして、1日中酷使して疲れた目をいたわり癒して快眠しましょう。

照明を暗くすることで、身体は眠る体勢を整えやすくなります。
眠る前には部屋の電気を消したり、明るさを落としたりして、代わりにキャンドルを灯してみるのもおすすめです。
静かに揺れる炎はロマンチックだし、アロマキャンドルを使えば、気分もリラックスします。Parks(パークス)のフレグランスキャンドルは、アロマテラピーの本場イギリスの、オーガニック100%のちょっとリッチなキャンドル。自分へのご褒美としても、プレゼントにもおすすめです。

睡眠と目の疲労回復をサポートしてくれる、アイマスクやアイピローなどを使ってみるのもいいですよ。最近はデザインがかわいいものがたくさんあるし、香りつきのものもあります。いい香りがプラスされれば、さらにリラックスできるでしょう。

This entry was posted in 眠るまでの過ごし方.