寝酒は身体にいい?

眠れないからお酒を一杯…って聞くけれど、これはホントに効果があるんでしょうか?

はじめは眠りを誘いあとに不眠を引き起こす

寝る前に飲む少しのお酒は心の緊張をほぐし、気持ちのいい眠りに導いてくれます。
深酒をすると、寝つきは良くなるけれど質の良い睡眠は持続しません。
お酒を飲んだあとの睡眠は、アルコールによって身体が一時的に麻痺状態になっていて、強制的に眠らされているだけなのです。
そのうえ眠りのリズムが乱れて、浅い眠りとなってしまいます。
人によっては、少しの量でも興奮しすぎて眠れなくなることもあります。
さらに、アルコールには利尿作用があるのでトイレに何度も起きたり、のどが乾いて目を覚ましたりと、脳が休む暇もありません。
これらが、ますます眠りを妨げることになるのです。

飲むほどに増えていく量

毎日飲むことで、身体はお酒に順応していきます。
これによって睡眠作用がだんだん弱まってくるので、同じ効果を得るために必要なアルコールの摂取量が増えてしまいます。
睡眠薬代わりの寝酒は、不眠だけでなく、もしかするとアルコール依存につながる可能性もあるので注意しましょう。

寝る前に飲むのに適したお酒は?

自分の好きなお酒を少量飲むというのが一番いいですが、利尿作用が強いビールは、寝る前は避けたほうが無難でしょう。

This entry was posted in あなたの眠りは大丈夫?.