体内時計をリセットする

聞いたことがあるかもしれませんが、私たちの脳の中には、体内時計といわれる生活リズムを刻んでいる時計があります。
1日は24時間で刻まれていますが、この体内時計のサイクルは、24時間ではなく、およそ25時間だということです。
25時間ある体内時計では、毎日の生活のスケジュールだと睡眠も少しずつ後にずれていってしまいがちです。
そこで、体内時計が正しく働くためには、就寝時間が遅くならないよう次のように規則正しい生活を心がけて、体内時計をリセットしていきましょう。

  • 就寝・起床時刻を一定にする。
  • 朝起きたら、太陽の光を浴びる。
  • 決まった時刻に食事や運動をする。
  • 日中は明るく、夜間はほの暗い環境で過ごす。

 

体内時計を調整して快適な毎日を送りましょう

朝型・夜型という生活のリズムは、生まれつきの体質や環境でも決まってきますが、自分の意思で、ある程度コントロールすることもできます。体内時計の調整は、ゆっくり時間をかけて行いましょう。

This entry was posted in 睡眠をもっと知ろう.