夏こそ半身浴でぐっすり眠る

血行を良くして体の芯からあたたまる

夏は暑くてとても湯船になんて浸かれないと、シャワーだけで済ませる人が多いかもしれません。そこで、そんな人にオススメなのが半身浴です。半身浴をすると、ぬるめのお湯に長く浸かることで全身の血行が良くなり、体の深部の体温が適度に上がります。

体の深部の体温を上げておき、それが下がっていくときに、人はスムーズに眠りにつくことができます。→体温は、快眠を得るポイントのひとつなのです。

全身の血のめぐりが良くなると、ストレスや疲れで血行が悪くなったところにも血が通うようになり、肩のコリなどもほぐれていきます。冷たいものの飲み過ぎやクーラーの風で冷えてしまった体でも、汗をかいて新陳代謝が良くなって、体のだるさや疲れが回復しやすくなります。

半身浴のしかた

お湯の量・・・みぞおち(胸の下)あたりまでくるよう、お湯をはります。心臓に負担がかからずに、ゆっくり浸かれます。
お湯の温度・・・お湯の温度は、38℃~40℃くらいの、ちょっとぬるめが良いです。
入浴時間・・・だいたい15分~20分。おでこにじんわり汗をかくまで入りましょう。

心身をリラックスさせて快眠する

快眠を得るためには心も身体もリラックスすることが大切ですが、快眠を得るための半身浴では、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがポイントです。

お湯の温度が40℃以上だとすぐに汗をかいてきますが、長くお湯に浸かっていられないために、体の表面しかあたたまりません。人間の体温よりも少し高い温度のお湯に15分~20分くらい浸かっていると、あたたまった血液が体の中を循環して、内臓まであたたまるのです。

人間には緊張している時に優位な交感神経とリラックスしている時に優位な副交感神経があり、これらを自律神経といいます。健康な心と身体を保つのには、このバランスを整えることが大事なのですが、半身浴することによって心身がリラックスモードになります。これで、快眠への準備がひとつ整います。

さらに、入浴にはリラックス効果のあるアロマ入浴剤を使ったり、お風呂から出た後に専用のオイルでボディーマッサージしたりと、アロマの香りを上手に利用するとリラックス度が上がって快眠に近づけます。

This entry was posted in 眠るまでの過ごし方.